※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

治療法・心理療法一覧 案内ページ


認知行動療法(心理療法・治療法)


認知行動療法を受けた感想・口コミ情報はこちら

  • うつ病や神経症にとても有効だと思います。
    対処療法だけでは難しい症状は、認知行動療法を
    やっていきませう。 -- 名無しさん (2009-01-30 13:40:08)
    名前:
    コメント:

(感想・体験記・口コミを書いてください)


認知行動療法

学習理論に基づく行動変容法・理論を総称して、行動療法、一方、認知や感情に焦点を当てる心理療法認知療法と呼ぶ。現在、この両者は不可分に結びついており、「認知行動療法」と呼ばれるようになった。「認知行動療法」という呼び名が最初に現れたのは、ドナルド・マイケンバウムの著作のタイトルである。

認知や感情も行動の一部であるという解釈や、認知療法サイドのアルバート・エリスやアーロン・ベックが積極的に行動療法的な技法を取り込んで発展させて行ったことに加え、行動療法では技法はあくまで多種多様のパッケージであったため、この両者は統合、あるいは折衷されていった。それまでの行動療法が対処療法的で、個人の経験や葛藤を考慮していないために、再発や別の症状が出るという批判も認知や感情を重視するようになったため、ほぼ解消されたといえる。 現在、「認知療法」、「行動療法」と分けて呼ぶ場合には「(ベックの)認知療法」と言った狭義の呼称であったり、系統的脱感作のような古典的技法を指しての「行動療法」であったりする。

イギリスでは「行動認知療法(cognitive behavioural psychotherapy)」ないし、「行動療法認知療法(Behavioral and Cognitive Therapies)」と呼ばれている。


神経症治療法・克服法口コミ・感想(トップページ)に戻る





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー