※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

治療法・心理療法一覧 案内ページ


精神科(治療法)


精神科についての感想・口コミ情報

精神科医・精神科関連リンク

精神科医の犯罪を問う

精神科口コミ・掲示板

  • 5分診療のところはやめましょう。セカンドオピニオンをもっておいたほうが
    いいと思います。また抗うつ剤や精神安定剤などに過度に依存すると
    のちのち大変なことになるので、慎重に。対症療法と心得ましょう -- 精神科通院患者 (2008-06-13 14:30:14)
  • 精神科医がうつ病を作るといわれています。
    気をつけよう -- ntti (2009-01-29 16:46:30)
  • 「精神科医がうつ病を作るといわれています」
    と言いふらしている人の一例です
    ttp://www.youtube.com/veryusefulvery -- 名無しさん (2009-02-24 19:45:21)
  • ttp://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/
    精神科医の犯罪を問う -- 名無しさん (2009-02-25 19:19:00)
  • 仕事上でうつ病になり精神障害の認定を受け宮城県社会福祉協議会の障害者支援組織より支援を受けることになったのですが職員の暴言、支援放棄などの虐待を受けることになってしまい、逆に病気がひどくなってしまいました。宮城県社会福祉協議会に訴えたのですが聞き耳を持ってもらえず立場上なのか虐待の事実を隠そうとしてます。 -- 障害者 (2009-03-01 21:25:58)
  • 病院にいくら行っても治りませんよ。死神にとりつかれたら頑張っても無駄です。入院も役にたちません。目に見えないことは治しようがないからです。すべてを受け入れながら生きていくか滅びるしかないです。 -- キティ (2009-04-20 14:39:29)
  • カウンセリングも併用して処方していただける良い病院は知りませんか? -- あ (2009-04-29 08:26:53)
  • 電車や車をみて綺麗とか頭が痛い体がだるい


    人が怖い考えしょうに急になりました

    理由は失恋と家族の急な裏切りです


    血も出るようになりました


    何か病院にいってもどこも悪くないと診断されました


    こんな俺はうつ病ですか?


    たまに元カノをとった男をみると死んでしまえばいいと考えるようになりました -- takahiro (2009-04-30 01:04:23)
  • 私も最近失恋して(病気が原因ではありません)自暴自棄になっています。
    普通の精神状態の人でもやっぱり落ちるのに鬱になっている状態で失恋すると
    すごくダメージうけます。
    新しい恋をする勇気もなく今は時間が解決してくれることを祈って
    ただ時間をすごしています。

    失恋して鬱になるのはおかしいことではないですよ -- りこ (2009-07-28 12:01:43)
  • 新聞の広告に精神病と、大きく書かれているのが嫌です。
    あと、レストランでの親子の会話で、「そんなことしてると脳みそがへるぞ。」と子供に言っている親がいました。
    かなり、傷つきました。 -- 名無しさん (2009-08-02 09:00:28)
  • 仕事上でうつ病になり精神障害者の認定をうけました。宮城県社協の支援組織より支援をうけることになったのですが支援をうけるようになってすぐ虐待(暴言など)をうけることになり県社協に訴えたのですが障害者が何言ってるんだみたいにまるっきし話しを聞き入ってもらえず、適正化委員会にも訴えましたが女性職員は障害者をばかにするような応対をうけ、他の職員は県社協に何を言ってもだめなんだと嘆きの発言。これでは宮城県社会福祉協議会は福祉の皮をかぶった悪代官率いる組織に過ぎない。 -- 精神障害者 (2009-08-03 20:04:47)
  • 大阪府のある病院では、患者の貴重品を盗む看護師がいます
    逆らうと、暴力を振るわれます -- 名無し (2009-10-16 13:30:37)
  • 埼玉でも閉鎖病棟ではにちじょうてきに暴力をふるう看護師がいます。 -- くろいぬ (2010-06-29 21:35:48)
  •  遠隔兵器を濫用した児童人体実験や市民虐殺がつづいています。人物になりすまし侵入を行い拷問リンチを行っています。後遺症を作る危険な心理拷問法が使われています。人体実験の一部はイジメ問題に偽装されています。学校ではそれ以外にも先生や友人になりすましての包囲虐待があります。テクノロジーの使用法にたいする科学的検討がないまま数十年以上もテロの脅威が続いています。拷問方法も脳の知識を考えないあまりに残酷なものです。情報的な排斥によるリンチも同じです。でたらめをやるにも限度があるのではないかと思います。形骸化した心理技術を速やかに解体し少しでも本当の議論ができる状態をつくってください。どうかこれ以上残虐な拷問を放置しないでください。


    「ダブリュダブリュダブリュファイブエフドットビーアイジーエルオービーイードットエヌイードットジェイピースラッシュチルダーティーイーアールアールイースラッシュ」を参照して
    ください。


    -- ごとう (2010-08-02 08:21:53)
  • 自殺未遂をしました。大量にくするを飲んで、主人もうつ病です。同じ精神科にかっていました。千葉セントラル精神科クリニックという所です。私が離婚したくなくて逆上して主人のひと月分の鬱抑制薬・睡眠薬すべて飲みました。
    今は、子供の為にも生きていていて良かった。生きていこうと思っていますが。またあの中村医師が私が病んでいて心の拠り所に主人にメールを何度かしていたら、あの無神経医師、私が逆上女で危ないのを知っているはずのやぶ医者が、メールは、一切無視しろ!!返信も絶対するなと言ったそうだ。
    昨日も正月早々落ち込み・・・なぜメールの返信をしてくれないかその話をし、逆上して、家を飛び出てしまいました。。。ファミレスで一夜を過ごしかえって来ました。千葉セントラル精神科クリニックの医者どう思いますか?それが正しい判断なんでしょうか?返信メール救ってくれるメールを待っていて、どんなに悲しい思い・つらい思い・していること主人も中村医師に洗脳されわかってくれない -- たか (2012-01-03 16:18:29)
  • 精神科医やってると崇められて随分楽 この前来た患者、可愛いかったけどエッチできなかった、好きな人が僕じゃないから嫌がらせした そしたらこの患者クレーム出しやがって、まあそれも計算の内、妄想幻聴患者だと報告しといた。診察の時 ずーっと股関の部分盛り上げてたからね(笑)しばらくは男性恐怖症になってるだろう それから話の合間に鼻に五秒指突っ込んでやった(笑)幻聴幻覚は五秒が多くて誰にも疑われない、極めつけドアノブにアレが付いてるとも知らず触ってんの汚ねえアハハハ!面白かった、強い薬に入れ替えた時は薬の番号でバレちゃってよ薬剤師の精にしといた 僕は完璧、コケにするヤツは許さない 僕の患者数ダントツ多いし みんな何も知らないでペコペコ頭下げるバカども(笑) 気分は王様 「王様の耳はロバの耳」ってかアハハハ(笑)、
    ところが患者が録画してたと言い出してきたんだ
    参ってるよ確か精神科は盗聴や録画で廃業する病院多いよな
    本当に録画してたらどうしよう僕廃業です -- 逮捕か (2012-06-11 23:57:30)
  • 井上心療 クリニック 神戸市中央区元町通3丁目1−1 メ ディカルビル翔貴 6F


    神戸の心療内科精神科ならこれはだめ。
    薬で患者自殺においやった金儲け主義の病院。 -- 名無しさん (2012-08-25 22:02:14)
  • 井上心療 クリニック 神戸市中央区元町通3丁目1−1 メ ディカルビル翔貴 6F


    神戸の心療内科精神科ならここだけはだめ。
    薬で患者自殺においやった金儲け主義の病院。 -- 名無しさん (2012-08-25 22:04:42)
  • どこか安全な医師は居ませんか?北海道在住。誤診は嫌です
    3/6診断・統計マニュアルDSM精神医学による悪徳商法
    h ttp://www.youtube.com/watch?v=MB5bwYtM9DE&feature=relmfu
    モデル☆純恋☆の突然死1/2
    h ttp://www.youtube.com/watch?v=z8PLvlFaRnM
    -- サラリーマン (2012-11-02 05:44:53)
  • 高知医大の赤松正規 気に入らない患者/貧しい患者/
    薬で朦朧としている患者に自殺幇助まがいの悪質な行為をします。 -- かいだや (2014-05-30 17:38:30)
  • 親につれて子供苦しむ大人精神心療内科神経上嘘方法手続き教えて下さい東京都大泉病院木村淑恵 -- 山内智 (2014-08-15 05:34:03)
    名前:
    コメント:

(精神科・薬物療法・精神科医についての感想・口コミ情報を書き込んでください)


精神科について

精神科(せいしんか、Department of Psychiatry)は医療機関における診療科目の一つである。精神疾患を主な診療対象とする。

各種診療形態

外来のみの診療を行う診療所(クリニック)、入院施設を有する精神科病院、総合病院の一部門としての精神科の3種類の診療形態があり、それぞれ機能分化している。

診療所は街中にあることが多く、通院に便利、気軽に受診しやすいなどの特徴がある。 精神科病院は入院施設も備えており様々な症状の患者に対応できる、作業療法、デイケアなど様々な治療方法を備えているため集中的な治療ができるなどの特徴がある。2006年10月の精神保健福祉法改正前は、法律上「精神病院」と呼ばれていた。第二次世界大戦前には「脳病院」「癲狂院」などと呼ばれていた所もある。 総合病院の精神科は利便性や専門性においては前二者の中間的な存在であるが、身体的合併症を持った精神疾患患者の治療が可能、一般の身体科(内科・外科など)に入院中の患者の精神的ケアを行う、いわゆるリエゾン精神医学が可能などの特徴がある。 成人を対象とした通常の診療以外に専門的な分野として小児精神医学、児童思春期精神医学、産業精神医学、老年期精神医学、リエゾン精神医学、司法精神医学などの分野がある。

歴史

  • 1950年 精神衛生法施行。私宅監置(患者を自宅に軟禁すること)が禁止された。
  • 1950年代 精神病院建設ブーム。
  • 1964年 ライシャワー駐日大使刺傷事件後、精神障害者の隔離政策が進行。精神病院の病床数が増加した。
  • 1968年 WHOのクラーク勧告にて、日本の閉鎖的、収容的な精神医療のあり方が非難された。
  • 1984年 宇都宮病院事件では、閉鎖的環境の病棟で看護スタッフが患者をリンチ死。他にも類似の事件が続発し、日本の精神医療が国内外から非難された。
  • 1987年 精神衛生法が改正され精神保健法を制定。入院患者の人権保護、社会復帰施設について指針が定められた。
  • 1989年の「保健婦助産婦看護婦学校養成所指定規則」の改正までは、男性看護師(旧称・看護士)は、女性看護師(旧称・看護婦)と異なり、精神科病棟での勤務を前提とした教育体制が取られていた。改正後は男女とも同一の教育カリキュラムとなっている。
  • 1995年 精神保健法が改正され精神保健福祉法へと変更された。
  • 2006年 障害者自立支援法施行。
  • 2006年 精神病院の用語整理法成立。障害者自立支援法、精神保健福祉法、覚せい剤取締法などで使われる法律用語は精神科病院となる。

精神科病院は、精神障害者への差別から診察に訪れにくいイメージが強かったため、近年では医療機関名の呼称を「メンタルクリニック」などにしたり、診療科目として「神経科」「心療内科」「メンタルヘルス科」と標榜したりして、外来患者が訪れやすくする工夫がされるようになった(一部の私立大学医学部附属病院とその関連病院では、病院内の診療科目名に「メンタルクリニック」を用いている例もある)。

逆に歴史を遡ると、精神科と呼ばれる様になる以前には「脳病院」、「癲狂院」などの名称が使用されていた。

精神保健福祉法について

精神科での診療は医療法の他、精神保健福祉法にのっとって行われなければならない。 総合病院も含む精神科病床への入院には、任意入院、医療保護入院、措置入院、応急入院がある。このうち任意入院は自らの意志に基づいた入院で、可能な限り任意入院を行うべきであると同法第22条の3に定められている。しかし精神疾患に罹患した患者の場合、自らが病気に罹患していることや治療が必要であることを理解しない場合も多い。その際、精神保健指定医が診察した上で、医療及び保護が必要であると認めた場合は、保護者の同意を得て医療保護入院(本人の意志によらない入院)を行うことができる。措置入院は、自傷他害(自らや他者を傷つけること)のおそれがある場合、主に警察官から保健所への通報により保健所が手配した精神保健指定医2名の鑑定を経て行われる。入院形態には他に応急入院、緊急措置入院がある。なお、「患者の移送に黄色い救急車(もしくは緑の救急車)が使われる」という話は嘘(都市伝説)である。

2006年4月、障害者自立支援法が施行。患者の収入に応じた応益負担による自立支援医療が実施される。通院治療においてこの制度を使うと健康保険を使用した時、医療費全体の原則10%負担となる。なお、患者の世帯収入が少ない場合は負担額の上限が設けられ、月額上限2,500円から20,000円の間となる。この制度を利用する場合、病院の医師やケースワーカーに相談し医師に診断書を作成してもらい、住民票のある市区町村に診断書と申請書類を提出することが求められる。付記事項として、障害者自立支援法施行以前は、精神保健福祉法第32条の規定に通院医療費公費負担制度があった。これは、通院による精神病等の治療が非常に長期にわたることから公費で通院費を補助する制度であった。健康保険を使用した時、医療費全体の30%負担であるが、この制度を使うと全体の5%負担で済んだ。障害者自立支援法施行のため、2006年3月をもってこの制度は廃止された。 2002年6月現在、全国の精神科病床入院患者のうち任意入院212,015人(64.2%)、医療保護入院112,661人(34.1%)、措置入院2,767人(0.8%)、その他2,607人(0.8%)となっている(厚生統計協会「国民衛生の動向」より)。なお精神科病床入院患者のうち7万人が、いわゆる「社会的入院」と考えられている。

入院

入院施設のある病院の場合、開放病棟と閉鎖病棟の2種類がある。可能な限り開放処遇とすべきであるが、症状が重く自殺等の自傷行為や他者を傷つける行為(自傷他害という)の危険が切迫している場合などで精神保健指定医の診察の結果、閉鎖処遇が必要と判断した場合、患者の保護および治療のため、精神保健福祉法に従った手続きを行い閉鎖処遇をとることがある。なお、閉鎖病棟では患者のプライバシーや人権は軽視される場合もある。

入院施設は急性期治療病棟と療養型病床群に分けられる。急性期治療病棟は、精神疾患において急性期と慢性期では求められる医療の質・量が全く異なることから、急性期において重点的なチーム治療を行い早期の退院、社会復帰を行うことを可能にするため、1998年4月の診療報酬改定の際に創設された制度である。療養型病床群に比べて看護スタッフの割合を多くとること、入院期間が平均3ヵ月以内であることなどが義務付けられ、そのかわり診療報酬が高く設定されているシステムである。

入院中は、医師、看護師、臨床心理士、作業療法士、薬剤師、精神保健福祉士などによるチーム医療が行われ、カンファレンスを行いスタッフ間での意見の交換が頻回に行われるべきである。また薬物療法などにあたっては根拠に基づいた医療が行われるべきである。

社会復帰について

病院によっては社会生活に順応するための作業所を併設したり、デイケアなどのサービスを行うものもある。また援護寮や福祉ホーム、第3者によるグループホームなどの設置も徐々に増えており、亜急性期の患者では社会復帰が比較的スムーズに行われている。

しかし慢性長期入院群では、高齢化、長期入院による生活能力の低下、家族機能の低下などから社会復帰が困難な例が多い。



神経症治療法・克服法口コミ・感想(トップページ)に戻る





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー