※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

治療法・心理療法一覧 案内ページ


論理療法(治療法・心理療法)

心理療法家アルバート・エリス(Albert Ellis)によって1955年頃に創始された心理療法の一つである。広義の認知療法では最初のものとされている。 近年はベックに主流を奪われた感があるが、分かりやすい論理体系やユーモアある技法、エリスのキャラクターと相まって、依然として論理療法を愛好する人も多い。

呼び名

当初の名称はRational Therapyで、日本での紹介者、國分康孝が訳したように日本では「論理療法」という呼び名していた。その後、エリスはRational Emotive Therapy、Rational Emotive Behavior Therapyと2度目名称を変更。 それにともなって、Rationalを「論理」「理性」「合理」、Emotiveを「感情」「情動」など様々に訳し、さまざまに組み合わして使われる上、旧名称を依然として使う人も多い状況で、訳語は混乱している。頭文字をとってREBTと呼ばれることも多い。 國分は「Rational Emotive Behavior Therapyを論理療法と呼ぶべきだというのはイラショナル・ビリーフだが、論理療法と呼んでほしいというのはラショナル・ビリーフである」として「論理療法」と呼ぶことを推奨している。

理論

人の悩みは出来事そのものではなく出来事の受け取り方によって生み出されるものであり、受け取り方を変えれば悩みはなくなるというのが基本的なスタンスである。そして、それはABC理論とイラショナル・ビリーフに集約される。

ABC理論

  • A:Activating event(出来事)
  • B:Belief(信念,固定観念)
  • C:Consequence(結果)

出来事があって、結果があるのではなく、間にビリーフによる解釈があるという考え方である。とくに不合理な考えによる解釈をイラショナル・ビリーフと呼び、それを粉砕することを目的とする。

  • D:Dispute(論駁)
  • E:Effect(効果)

ABCのあとにの二つを加えて、ABCDE理論と呼ぶこともある。

イラショナル・ビリーフ

「失敗してはならない」「すべての人に愛されなければならない」「世の中は公正でなければならない」などという思いを持っていると、それらが満たされなかったときに悩むことになる。イラショナル・ビリーフは以下のような特徴がある。

  • 事実に基づいていない
  • 論理的必然性がない
  • 気持ちを惨めにさせる

イラショナル・ビリーフは願望(〜ねばならない、〜であって欲しい)と事実を混同することから起こっている。このような混同を論理的に否定し、ラショナル・ビリーフ(合理的信条)へと変えてゆくのが論理療法の役割である(「文章記述を書き換える」という表現をする)。ラショナルビリーフは

  • 事実に基づいている
  • 論理性がある
  • 人生を幸福にする

ラショナル・ビリーフの例は「失敗しないほうがいいが人間だから失敗することもある。失敗から学ぶべきである」「人に愛される・愛されないとは関係なしに具体的になにかをするべきである。その結果人が愛してくれればありがたいし、愛されなくとももともとである」などである。 端的に言ってしまえば、「〜ねばらならない」ではなく「〜であるにこしたことはない」という文章記述の書き換えである。

論理療法(Wikipedia)より


論理療法についての口コミ・感想はこちら

名前:
コメント:

(口コミ・感想・体験を書き込んでください)


神経症治療法・克服法口コミ・感想(トップページ)に戻る





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー