自由にゃんこ同盟正統政府 大神聖巫女巫女党 小夜日記 > 2007年05月10日 > デッドライジングを買って来た
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
日本でゾンビと闘う(?)ゲームといえば、バイオハザード。
武器弾薬が限られているので、ゾンビと闘うことはそれほど多くは無く、
闘ったとしても精々数体程度。
4では3、40体程度出てくるようですが。

しかしこのデッドライジング。
出てくる量が半端じゃない。
右を向いても、左を向いても、ゾンビゾンビゾンビ
そして、武器はいくらでも転がっているので、殴る殴る殴る。
た、たのしい。

まぁ、もちろん、ゾンビと闘うばかりではなく、何でこのようになった
か、というストーリー(まだ全然進んでませんが)や、主人公は
報道カメラマンなので、ステキな写真をとる、あるいは、舞台である
ショッピングモールに取り残されてしまった人々を救出など、やれる
ことは多岐にわたる。

特筆すべきはその自由度。
ストーリーを進めずに、ゾンビた戯れだけしてもいいし、ショッピ
ングモールに取り残された人々を殺しに行ってもいいのだ。

今日のゾンビー
「やあ、あんた同業sy……」
俺の前にはカメラを構えた若い男が立っていた。
どうやら同業者のようだ。
なんとなく癪に障るやつだ。
俺はためらいもせずに相棒、スレッジハマーを振り下ろす。
飛び散る血液、だが、致命傷ではない。

「暴力反対!」

男が叫ぶ、だが、俺は更に二撃、三撃を食らわせる。
流石に絶命する男。
俺はその様子をカメラに収める。
事件が起こらなければ、起こせば良いと思ったが……男ではいいネタ
にはならないようだ。

完(ぉ

っていうか、こいつ重要人物だったらどうしようw


カテゴリ: [360] - &trackback- 2007年05月10日 12:41:59
名前: コメント:
#blognavi