自由にゃんこ同盟正統政府 大神聖巫女巫女党 レンズ型カップ
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レンズ型カップ

メーカー:???
満足度:★★★★★

今回ご紹介するのはちょっと異色のアイテム。
先ずはこちらをご覧ください。

バレンタインデー(発想が遅延した上、大地震で結局届いたのは3月末になりましたが)に妹が贈ってくれたものです。
「わお、24mm-70mm F2.8じゃないか。こんなものをくれるなんて凄い妹だね」と、思うでしょう。
かく云う小生も、箱を開けて取り出して数秒はこれで何を撮ろう、などと思ったわけですが。

しかしながら、持ったときの重さと、よく見るとチープな概観に「??」となり、「まさかモックアップか?」とか、我が脳内特別会議は紛糾。
しばし固まっていた小生を見かねたのか、「カップだよー」と、妹。
なんと!

レンズ(?)の先頭をひねると、現れたのは金属製の筒。保温カップか!
これは嬉しい不意打ちです。


24mm-70mm F2.8なんていう高価なレンズの現物は持っていませんので、18mm-200mm F3.5-5.6を隣においての比較。
ぱっと見レンズが並んでいるようにしか見えませんね。


でも、蓋(キャップ)をあけるとこの通り。


フォーカスリングはまわすことは出来ませんが、ズームリングはまわすことが出来、飲み口(?)が上下します。
こういうギミックはまったく意味が無いですが、いいですね。好きです。

蓋はしっかりと閉めることが出来るので、逆さにしても漏れて来るような事はありません。


実際にお茶を入れて、菓子を備えた図。
これでお茶を飲み、お菓子を食べる様はかなりシュールです。

ほんの少しだけ不満というか、要望をつけるとしたら、下部をFマウントにして、カメラに取り付けられたら良かったかなー。


実はCANON型もあるのですが、こちらは中の筒がプラで熱いものを入れるのはちょっとためらう上、キャップがちゃんとしまらなかったり、リングをまわせなかったりでちょっと不満。
これでNIKON型と同じ値段というのですから、ちょっとねー。

ちなみにお値段はどちらも約3000円。
それほど高価ではないですし、カメラファンの人は買ってみてはいかがでしょうか。