※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

血祀殺法



血祀の種類と発動する条件


名前 条件と特徴
裏祀(首祀) 敵の背後にいる
直祀(卍祀) 敵の正面にいる
敵の背後から素早く回り込み、発覚状態になる前に行うと吉
旋祀(女祀) 敵の頭上でジャンプ中、または敵の真上で屋根のへりなどにぶら下がっている
意外とリーチがあるので、感覚の鋭い用心棒や熊などに狙って行うべし
貫祀(鬼祀) 敵がダウン中
大貫祀 熊や多羅場忍軍など大きな敵の背後にいる
△ボタンを連打しないと振りほどかれやすい
刺祀 熊や多羅場忍軍など大きな敵の正面にいる
辻祀・陰 壁に張りつき中に右側奥の通路に敵がいる
辻祀・陽 壁に張りつき中に左側奥の通路に敵がいる
逆祀 屋根のへりなどにぶら下がり中、上に敵がいる
やぐらにぶら下がっている時は、やぐらに立っている敵にも有効
乱祀 敵が水面にいる
ジャンプして△を押すと旋祀(女祀)になるので注意
時間のかかる血祀なので、他の敵が近くにいる場合発覚する可能性が高い
物祀 敵がアイテムを拾っている
崩祀 敵とプレイヤーが襖・障子を挟んで立っている

()内はキヌの場合


イレギュラー血祀殺法


△を押すタイミングや、宇高多独特の物理法則に拠って発生するちょっと変わった血祀殺法。
宇高多ではよくあることです。


本編、匠モード双方で有効なイレギュラー血祀

名前 条件と解説
不崩祀 崩祀の変形。襖越しの敵に向かってジャンプ、襖が外れた時に△を押すと発生。
倒れた襖が消失し、崩祀と同一の血祀モーションで直接敵の背中を貫く。
滅祀 高低差がある場所で、壁に障子・襖を張り付けて高所の敵に崩祀を発動。埋祀と違って、死体が何処にも現れないことがある。根岸館の蔵の隣にある建物でやると楽。
空歩祀 逆祀の変形。ぶら下がる位置が右端の状態で逆祀の発生条件を満たすと発生。
空中を歩く非常識な敵を戒める。
壁抜祀 砦の部屋の外壁あたりにぶら下がった際、壁を挟んだ内側の敵に発生。
壁越しに敵を引きずり出す超魔術的血祀殺法。
落祀 崖っぷちで血祀を行うと、血祀の種類に拠って発生。
敵とともに落下しつつ、息の根を絶つ。下が奈落なら、ご心中。
全滅任務の最後の敵だったなら、プレイヤー不在のまま任務達成メッセージが出るなど、更なる怪奇現象につながる。
浮祀 辻祀の変形。プレイヤーが血祀対象よりやや高い足場にいると発生。
敵は高低差にもめげず、瞬間的に主人公の側に引き寄せられ祀られる。
串刺祀 ネタ。拡大手裏剣を大量に刺した壁を使って辻祀を行う。結構惨い見た目。
螺旋祀 旋祀と乱祀を合わせたような血祀。下に水場のある崖っぷちから敵を巴投げで落とし、追いかけるように旋祀を発生させる。
水面に落ちて敵が気絶すればそのまま乱祀と変化する。主に気絶しやすい蛮族相手でしか使えないし、狙ってやらないととても出来ない。
乱落祀 上記と同様、下に水場のある崖っぷちから、敵(蛮族または忘却状態の敵)を崖に向けて巴投げする。投げたらすぐ敵の方を向き血祀するとそこから乱祀が発動。高い所から顔面を水面に叩きつけるような感じになる。
昇躍祀 落祀の逆。蛮族や忍者が高い壁に登ろうとして垂直ジャンプを行う瞬間に血祀を行うと、対象と共に壁に飛び乗りながら血祀を行う。
空辻祀 倒れている相手のそばで壁に張り付き中に稀に発生。何もないところに磔にする。
見上祀 不崩祀の変形。倒れてる敵の上に襖を被せ、上に乗った状態で△を押す。
視点が真下の不崩祀。
物消し祀 主に辻祀等で可能。オブジェクトや輸送物・泥棒対象などの近くで(または乗って)祀ると対象が消える。
報告によると輸送物などが消えてしまい任務達成不能になることもあるらしい。


本編マップに依存するイレギュラー血祀

名前 発生場所 条件と解説
テレポ祀 千軒町ほか 川沿いの建物の屋根上で張り付き中、軒下の見張りに対し発生。敵が屋根の上に瞬間移動する。
ほか、宇高多城天守閣二階の部屋の柱付近とその階上の踊り場、漁人街の船着場のある建物入口、根岸館、各砦など発生ポイント多数。
空中磔祀 主に千軒町 軒の上にいる敵に発生する辻祀。何も無いところを刺すと敵が絶命する。
埋祀 漁人街 マップの隅にある、よく敵が三人固まっているあたりで発生。
辻祀をかけると、足場が狭いため血祀モーションの途中で地面に落下、敵も同じ高さまで落とされ、首から下が埋まってしまう。完全に埋まると敵が逆側の壁に埋まる。
地摺祀 六道の谷 橋を渡る敵を、橋の入り口横(敵がいる辺りより少し横)から鉤鎖でひっぱって来た所で予感の音がしたら稀に発動。
何故か橋の上なのに乱祀が出る、隙ありまくりなので実用性皆無。
ほか、高低差のある所で鉤鎖に拠って浮いている敵を血祀ると、イレギュラーになる事が多々ある。

  • 何故か橋の上なのに乱祀が出る、隙ありまくりなので実用性皆無。
  • 地摺祀の様に高低差の在る所で鉤鎖で吹っ飛んで浮いてる敵を血祀るとイレギュラーになる事が多々ある。
  • 稀に敵もろとも凄い勢いでかがり火の辺りまで飛んでいくことがある。
  • 空歩祀・極・・・不動城内部の井戸をよじ登る際に△を押す。上の階の敵を強引に引きずりおろす。

普通の血祀、イレギュラー血祀ともに、予感エフェクトが出る少し前から血祀可能判定は存在する。
辻祀などは△連打でも発動するので、積極的に狙うべし。