機関銃全般


機関銃におけるベルト給弾式とはどのようなものですか?弾丸が帯で連なってる奴ですか?


組み合わせたベルトリンク金具に弾丸を差し込む事で連結する様に成っています
連結子ともメタルリンクとも呼ばれている専用の金具を使います

また初期にはキャンバス地で出来た、文字通りのベルトに弾丸を差し込んで機関銃に給弾するものもありました。
(365:133,三等自営業 ◆LiXVy0DO8s)

機関銃の給弾方式ですが、機関銃はどうやって弾丸ベルトを銃内部に引っ張り込んでいるのでしょうか?

ベルトリンク式の機関銃は、往復するボルトに連動したカム機構が
フィードカバーと呼ばれる上部の部品に備えられています
このカムによってボルトの前後する動きを左右の動きに変換します
ボルトが後退する時にカムによってアームを動かし
ラッチ機構によって弾丸を一発づつ薬室の前に引き込み誘導します
この時に前進するボルトによって弾丸はベルトから引き抜かれて装填されます。
(601:三等自営業 ◆LiXVy0DO8s)

対空機銃の外れ弾って、どこに行くんだろ???

もちろんすべて落ちてきます。小口径の機銃などであれば、空気抵抗でさほど大きな落下速度にはならず、
たまたま赤ん坊の頭に当たるとか、打ち所が悪いとかしない限り、瓦が割れる程度の被害で済みます。
人に当たる確率自体、大変低いわけですし。

砲弾となるとやっかいで、近接信管、時限信管などで空中爆発するのが普通ですが、破片でもけっこう被害は出ます。
空襲警報が出るとどこの国でも頭になにかかぶって避難しますが、ひとつは対空砲の破片対策という意味もあるのです。

最悪は起爆し損なった対空砲弾がそのまま落ちてきて、地上で爆発するというパターンです。少なくはありますが、極端に珍しいわけでもありません。
(3:968)

重機関銃 軽機関銃の区分けはどうやって区別するんですか?

大まかに分けると下記の様な感じになると思います。
軽機関銃…一人で携行し操作できる軽量な機関銃。
重機関銃…複数人で運搬し操作される大きく重い機関銃。
(6:128)

中機関銃(MMG)と重機関銃(HMG)の違いは何なんでしょうか?

中機関銃とは小隊と共に移動することが基本的な運用法となっています
その為軽量化が必須ですので二脚と交換銃身の他は二名以下での運用となっています

中機関銃とは重機関銃と違って三脚架台が簡単に着脱できるようになっていて
架台から外すと軽機関銃としての運用が出来る、と言うものです
これらの機関銃はMG34の登場により多目的機関銃として一本化し
その後5.56mm弾の分隊機関銃と7.62mm弾の小隊機関銃とに分化しました
使用方と携帯性は中機関銃そのものですが火力は口径に比較して増大しています。
(321:三等自営業 ◆LiXVy0DO8s)

何口径以上が重機関銃で、何口径以下が軽機関銃ですか?

軽機関銃 重機関銃は口径で分かれるだけではない。

固定式砲架に据え付けたり、車輪付きの移動式砲架に
載せるのは、口径が7.7ミリであろうと「重機関銃」。

二脚で地面に設置したり、いざというときには腰だめで
撃つ機関銃は軽機関銃または分隊支援火器。

重機関銃と軽機関銃の両方に使えるのが汎用機関銃。
「中機関銃」というのは便宜的なカテゴリー。
(687:788)

チェーンガンの「チェーン」とは具体的に銃の機構のどういう部分を指しての言葉なのでしょうか?

チェーンガンは装弾、撃発、排莢機構をチェーンで伝達される動力によって行っています。
ガトリングは複数の回転銃身を持つところが単銃身のチェーンガンと違います。
バルカンは20mmガトリングの一種の商品名で、特定の製品を指します。

撃発の雷管発火過程自体はチェーンによる機械的動力ではなく、
最近の高速機関砲の例にもれず、電気によります。

また、チェーンガンは回転銃身は持ちませんが、薬室は複数で回転します。自動装填、
排莢されるリボルバーのような物を想像してください。その動力がチェーンで伝達される
わけです。発射速度はガトリングより落ち、25mmブッシュマスターで最高毎分500発
と、同口径のガトリング、GAU-12イコライザーの4200発とは大きく差があります。
(8:system)
また、チェーンガンは回転銃身は持ちませんが、薬室は複数で回転します。自動装填、
排莢されるリボルバーのような物を想像してください。その動力がチェーンで伝達される
わけです。発射速度はガトリングより落ち、25mmブッシュマスターで最高毎分500発
これは間違い。リボルバーキャノンとの混同と思われ。
チェーンガンでは薬室とボルトはひとつずつ。
ボルトをチェーンに噛ましたカムで駆動して高速で前後させて高い発射速度を得る。
(8:599)

陸自にも自動てき弾銃が導入されましたが、グレネードランチャーのことはあまり知りません。

陸上自衛隊96式40mm自動てき弾銃
口径   40mm
全長   975mm
銃身長  454mm
重量   24.5㎏
発射速度 250発~350発/分
製作   豊和工業
単射及び連射が可能
(14:なな)

機関「砲」と機関「銃」と一般的には区別されているのでしょうか?

炸裂弾を使用するものを「砲」と定義する場合もあるし、
旧陸軍のように口径12.7mmを越えるものとした場合もあるし、
旧海軍のように機銃で統一された場合もあるし、厳密な定義はありません。
(17:616)

アサルトライフル・サブマシンガン(短機関銃)・軽機関銃・重機関銃、この4つの具体的な違いというのはなんでしょうか?

サブマシンガン

 拳銃弾を使った機関銃。片手で撃てる反動の少ない弾だから、連射してもコントロールが容易。反面、射程は短い。

アサルトライフル

 小口径か短薬莢の小銃弾を使った連射可能なライフル。4kg以下の重量でまとめてもあるので手で持って撃つことが出来る。
軽量な為、連射時の反動のコントロールは難しいが射程や威力は十分。

分隊支援火器

 アサルトライフル用の弾を用いた機関銃。分隊(10人程度)の火力支援に用いる。
肩付け射撃も出来るが二脚を使えばアサルトライフルより安定した射撃が出来る。

軽機関銃

 普通の小銃弾を用いた二脚付きの機関銃。三脚に載せて重機関銃として使用できる機種の場合は汎用機関銃とも呼ばれる。
射程、威力、安定性ともに良好だが射手と弾薬手の二名が必要で肩付け射撃には多少の根性がいる。

重機関銃

 三脚付きの機関銃。普通は車載で運用される。12.7mm等の大口径が多いが、重量は40kg以上あるので軽快な運用は困難
(17:934)

手持ち火器でガトリング砲(できれば3連)ってありますか?

人が携行可能なガトリング砲はちょっと思い当たりませんね。
サイズ的にはM134(7.62mm 6銃身)とかが近いかもしれませんが、それにしたって
人が持って歩ける(ましては射撃できる)ようなシロモノではありません。
(18:ちゃぎ)

ガトリングの回転動力はどっから来ているのでしょうか。

ガトリング砲の銃身を回転させる動力ですが、開発当初は人力でクランク
をぐりぐり回してました。
これが改良され、現在では電気モーターでブン回してます。
(19:ちゃぎ)

今の機関銃の原型はドイツ軍のMG42と考えていいんでしょうか?

人によって見方は色々ありますが、多目的機関銃の礎を築いたのは、
MG42の前に採用されたMG34ではないでしょうか。
ただ、チェコのZB26も軽機関銃としては出色の出来ですし、戦後も大きな影響を与えています。
重機関銃なら未だに使われ、生産されているブローニングM2ではないか、と。

MG34を量産向きに改造したのがMG42で、それが戦後西ドイツ国防軍の
主力機関銃としてNATO弾を撃てるように改造したものとして存在しています。
(28:眠い人 ◆ikaJHtf2)

マシンガンって電気で動いているんですか?

ない事はないですが、一部の航空機用機銃に限られると思います。
一般的な作動方式は三つ、
  • 反動利用式
  • ガス圧利用式
  • ブローバック式(吹き戻し式)です。
(30:名無し軍曹)
弾の発射薬のエネルギーを利用する物と、外部動力(モーター、油圧等)を利用する物がある
歩兵が携行する火器の大半は前者で、外部動力を利用するものは航空機・艦船・車輌に搭載されてる物に多い
(戦争板初質スレ7:104)

機関銃って動力源は何でしょう?

発射時のガス圧や反動です。
あと、現在のガトリング式の機関砲(VADSやCIWS)の砲身(銃身)の回転は、モーターに
よるものだと記憶しております。
#いわゆる「ガトリング砲」はクランクを手で回してました。
(31:ちゃぎ)

ガトリングガンはなぜ砲身を回転させるのでしょうか?

銃から弾を連続発射させる試みは、古くからありましたが、
機関銃の始祖とも言えるガトリング銃では、回転する銃身の位置により、
「弾込め」「薬室内へ弾を押し込む」「発射」といった作業を分担させることによって、
高速に連続発射をさせるという発想でした。当時は回転動力は手動です。
似たようなものに、銃身が水平移動するノルデンフェルト銃なんてのもありました。
その後技術の発達により、単銃身でも高速連続発射が可能になり、多銃身は一旦消えましたが、
航空機での使用目的で、更なる高速発射が望まれるに至り、
回転動力を手動から電動に変更して復活したと言うわけです。
もちろん、銃身の冷却の面でも効果はあるでしょう。
(31:559)

ガトリング式の銃身回転式砲は固定式に比べると命中精度は悪いのでしょうか?

確かに収束回転多銃身の機関砲は右側偏向着弾の傾向にあります。
(目標に向かって反時計回りに回転するため)
さらに回転速度が一定するまでの間は命中精度は落ちます。(0→0.55秒位まで)
(31:563)

大口径の機関砲の弾が、側を通っただけで人が死ぬと言う話を聞いたのですがこの話は本当なんでしょうか?

全く触れなければ傷は負いませんが、擦すれば大怪我を負います。
当たり所(擦すり所?)が悪ければ、死亡する事も有ります。
(33:727)

戦争映画見てるとマシンガンにマガジンを装填(?)するときフリッツヘルムに一回ぶつけてから入れるけどどうしてですか。

マガジンに入った砂やゴミを出す為です。
(35:754)

映画ジャッカルに出てきたリモートコントロールが可能な機関砲というのは、実際に存在するのでしょうか?

戦闘車両搭載のものなら、機銃でリモコン式のものはけっこうあります。
また、機関砲ではなく、狙撃システムとしてリモートコントロール式のものも研究中(一部実戦配備された、かな?)です。
リモコン狙撃銃は、主に警察関係などでの使用が想定されているものだった、と記憶してます。
多分、質問されているリモコン・ガンもこの狙撃システムが元ネタなのではないでしょうか。
(41:95)

機関銃はどうやって次の弾を装填するのでしょうか?

「銃身に小さな穴が開いていて、そこからガスの圧力でもって」「弾丸発射の反動で」
って二種類の記述を見つけたのですが、ホントはどっちでしょうか?
どちらのタイプも有る。
さらに外部動力(人力・電動・油圧)で作動する物も有る。
(44:876)

なぜガトリングは回転させると発射が速くなりますか?

一秒間に10発撃てる銃を10本束ねれば一秒に100発撃てるようになるからです
回転させるのは弾を装填する装置を一つで共用するようにしてコンパクトにする
ためです
(46:636)

軽機関銃をランボーみたいに立って使用することは実戦でも行われているのでしょうか。

給弾不良を起こさないようにするのが困難。
ベルトリンクで給弾だと補助がいります。

あのタイプは銃自体が重く、発射サイクルも押さえられてるんで、意外と反動は軽いらしいけど、
分隊火器も22口径に切り替えられたことから逆に考えると難しそうね。
(47:663)

機関銃など連続して射撃すると、よく「銃身が焼きつく」と聞きますが、具体的にはどのような不具合に陥るのでしょうか?

熱の為に、薬室内に入った弾がそのまま発火してしまい、
射撃が止まらなくなる現象が起きます。コックオフというやつです。
熱によって銃腔内が焼けて劣化しまい、精度が落ちるという不具合もありますが
機関銃の場合は銃身交換が前提なのでそれほど大きな問題ではないでしょう。
(53:882)

90式戦車に搭載されている12.7mm重機関銃・7.62mm機関銃は面攻撃が可能なのですか?

機関銃は基本的に、榴弾を使用出来ないから
弾が爆発して破片効果を与えることは出来ない。

しかし、持続的に発射して敵兵の頭を抑え
ある一定の地域を制圧することは出来る。

また、面攻撃の定義は
「散弾使ってるから」ではなく「発射速度が速いから」なのでしょうか?
一定の地域を制圧することだと思っています
発射速度が面攻撃なら、155mm榴弾砲などでは面攻撃出来ないことになる。
(78:790)
集弾性と発射率の兼ね合いで面を狙うの。当たり前だけど、
小銃弾が1発当たれば大体の人間は死ぬか大怪我をするんだから、
機関銃で一つの「的」を狙って多数の弾を撃ち込む理由なんてない。

機関銃ってのは本質的に面制圧兵器なの。
(78:807)
とばかりも言えないぞ。点目標に対する命中率・威力等の向上を目指す側面もある。

軽機なんてその側面が強い。cal.50にしたって、当初は「対戦車兵器」だった。
(78:ミリ屋哲 ◆qmwryStCos)

同軸機関銃って何ですか?

砲と同軸にある機関銃です。
(79:95)

自動小銃とマシンガンの違いって何?

物によって変わってくるが・・・・
自動小銃をM16やAK47、マシンガンをミニミやPKMとすると
後者は分隊支援火器で仲間を支援するための武器。
当然弾は同じものを使う(一部例外を除く)
(82:790)
基本的には……

自動小銃
弾数   :少ない(数十発程度)
あと、フルオートとか三点バーストとか単発とかを状況によって選択できる(物が多い)。

マシンガン
弾数   :多い
基本的にフルオートだけ。
(82:793)
※連射速度は無関係なので削除

自動小銃や機関銃の連射速度を表すのに毎分○○○発という表現をする場合が多いようですが、何で毎秒ではないのでしょうか?

毎秒10.5発とかいう表示になったら分かり難いから。
(84:397)
理由は>>397の言うとおりだろう。
エンジンの回転数も毎分で表す。
ちなみにエンジンのときのrpmはrevolutions per minute。
弾丸の場合もrpmだがこちらはrounds per minute。
(84:398)


WW2後の機関銃でガス圧作動式が好まれる(反動利用式が好まれない)のはなぜなんでしょうか?

ガス圧利用のほうが調整しやすいから。
(俺初質スレ431:517)

初期のガトリング砲があんまり活躍できなかったのは何で?

似たような機関銃が日露や第一次大戦であんなに猛威を振るったと言うのに。

銃口の位置が高く、また、防弾版がついてなかったので射手が狙撃されて
簡単に無効化されたから。
(462:725)

手回し式のガトリング砲は砲架に載せて運用しているだろ。
それくらい重い代物だったから、運用の手間が野砲並で歩兵に追従するのは難しかった。
にもかかわらず、射程が小銃並みと言う中途半端な位置づけだったのがネックだった。
更に防盾もなく、砲の取り付け位置も高い為、敵兵の射線に晒されると簡単に無力化されてしまう存在だった。

それと、無煙火薬登場以前というのもマイナスになってくる。
連射をすれば凄まじい硝煙が立ち込め、狙いを付けるのは不可能となる。
無煙火薬が登場する頃にはホチキスやマキシム機関銃が出ていて、衰退していった。
(462:726)

極初期の段階で弾薬側の加工精度の問題で信頼性不足であった点や射手を守る防盾を除けば、
本体にこれと言った問題はありません。
言うなれば、大量生産や銃撃戦の技術が未発達な時代に登場してしまったことから解決すべき
問題が出てしまった感じですか。

その後航空用として再注目される前に一度衰退します。
要は銃弾の加工精度が上がったり、防盾を装備して問題が解決された後に廃れるんですが。理由は以下の通りです。
 ・大きく重い。
 ・手動では大きさに見合う火力が得られない。
と言うことで反動利用式の機関銃が主流となります。
また、銃身が一本の方が冷却もしやすいですし。

で、外部動力(電気モーターやオイルモーター)が使えるようになって、圧倒的な発射レートを
得られる航空機関銃として再評価される訳です。
(462:914)

よく映画やゲーム、アニメなんかでバルカン砲がくるくる回って回転速度が速くなってから弾を撃ちだすけど、実際にあることなんですか?

論より証拠。
おそらく、装填位置から発射位置まで回るほんのわずかな時間しかタイムラグはないと思われ。
(458:750)

ない。一発目から電気的に撃発される。回転が上がって所定の発射速度に達するまで0.3秒かかるが、
その間も銃弾は発射されている。むしろ、この最初の0.3秒の間の方が照準が確かだという議論がある。

ただ、引き金を離すと電気発火は停止し、給弾されたタマは回転が停止するまで単に排出されるだけになる。
この間は空転することになる。「やば」と思って引き金を離せば、その場で発射が止まってくれるということ。

(458:752)

じゃ、実際に軽機で銃剣突撃っておこなわれたの?
なんか激しく無駄のような気がするんだけど

旧陸軍の軽機は、他の分隊歩兵といっしょに駆けながら敵火点をバースト射撃で潰すのが目的なので、
必然的に普通の歩兵と一緒に突撃する事になる
(378:520)

機関銃の銃身交換とはどういう目的なのか、また必要とする銃器とそうでない銃器はどう違うのでしょうか?

銃弾と言うのは30発も撃つと銃心が激しく加熱します
このまま射撃と続けると加熱により銃身が焼損してしまいます
その為加熱した銃身を予備と交換する事でクールダウンし銃身命数を延長
さらには持続発射弾数(継続して射撃出来る弾数)を延ばす事を目的としています
これは運用上200発以上の持続射撃を必要とする軽機関銃では必須の機構です
通常は500発前後で銃身交換をするようになっていますね

銃身交換を必要としない銃器は軽量である事が至上である自動小銃の他
軽便性を重視した主にロシアの分隊火器でこれらは100~200発で射撃を一端停止、
移動する事で時間を置き銃心を冷やすと言う運用形態を採用しています。
(317:三等自営業 ◆LiXVy0DO8s)

歩兵が携帯するような軽機関銃って銃身が交換出来るらしいですがどのくらいの頻度で交換するんですか?

銃身の交換の理由は、連続発射の加熱によって歪んで集弾が悪くなるから
交換する場合と、ライフリングが摩滅して銃身そのものの寿命が尽きて交換
する場合との二種類となる。

発射速度が高い機関銃ほど、加熱の度合いは大きくなり、ライフリングの寿
命以前に使用できなくなる。軽機関銃であれば200発、M60は100発で交換す
るらしい。交換した銃身は冷えたら再使用できるので、数本の銃身を取り替
えながら使うことになる。
マキシム機関銃は重くなるとか水を確保しなきゃならないとかのデメリットが
あるものの、冷却能力に秀でた水冷にすることで、1本の銃身で1万発の連
続射撃を行った。陸戦で水冷式は廃れたが、艦艇用の76ミリ速射砲とかボフ
ォース40ミリ機関砲とかで採用されている。

銃身そのものの寿命は数千発から1万発以上、内部のメッキ処理の有無に
よっても変わり、64式小銃は硬質クロムメッキによって3万発の寿命があるら
しい。逆にH&Kは「そんなに弾を撃つ前に兵士が死ぬか弾の補給が切れるか
戦争が終わるか銃が更新される」としてメッキなしの4000発の寿命らしい。
(606:ふみ ◆Y.QUKJBduY)

14.5㎜機関砲弾によって普通乗用車が正面から撃たれた場合、エンジン部分で防ぐ事はできるでしょうか?

撃った距離や弾種、車の種類にもよるだろうが、ベンツや頑丈さが売りだった頃の
アメ車でも、14.5mm食らったら通常弾でも容易にエンジンブロック抜いて乗員室の
人間を死傷させられる(死傷、というか当たったら確実に死ぬな)。
撃たれた距離によっては、前席の人間貫通して後席の人間に当たるだろう
(勿論後席の人間もかなりの確率で死ぬ)。
(初心者スレ480:838)

ガトリング砲って機関銃じゃないんですか?

ガトリング銃ってのは現代のミニガンみたいな類を指す
ガトリング砲というのは古式のガトリング砲や、A-10の機首についているようなものを指す

口径分類で言うならば、古式のガトリング砲は現代分類では銃と言うべきなのだが、
ガトリング砲が出た当時は口径で砲や銃を分類するのではなく、
一定時間内における投射鉄量(弾丸の総質量合計)をして砲か銃かを区分していたので、
昔のガトリング砲は「砲」区分

で、現代で銃分類のガトリング銃をガトリング砲と言っちゃうのは昔の区分が習慣・通俗認識として
残っちゃったから
(521:914)

チェコ軽機みたいなマガジンが上向きに付いている場合のメリット、デメリットを教えてください。

メリット
:マガジンがつっかえないから伏せ撃ちしやすい。
:マガジンのバネが弱りにくい。
:装填がやりやすい
:ベルト式と違い複雑な給弾機構が要らないので信頼性、整備性が高い
:射撃と装填を射手一人で扱える為、給弾手が不要

デメリット
:マガジンの交換がもの凄くやり辛い。
:弾倉がかさばる
:装弾数を多くすると自動的に弾倉が長くなるので、装弾数に限界が出る
:上に弾倉が突き出るので目立ち、発見されやすい
:塹壕などに射手が身を隠している時、身を隠したまま装填作業が出来ない
:車両に内部装備するのが困難(弾倉がつかえるので)
(344:534,537)

旧日本陸軍の機関銃で、給弾機構がベルト式のものが無いのは何故なのでしょう。

モデルとなった機関銃がホチキス(保弾板式)やシュコダ(弾倉式)で、ベルト式がない、という単純な理由でしょうか?
或いは日本の工作精度の問題でベルト式を使いたくても使えなかったのでしょうか。
まず真っ先に問題になったのが、弾薬規格が複数存在し
どれかに統一する事から始めなければならなかったという大問題があり、
またベルトリンクの製造に必須な鉄板プレス技術が未熟で、これの量産化が困難だったのと、
リンク式の機関銃を全面的に運用可能なほどの弾薬の量産の目処がつかなかった為に
低発射速度の従来型機関銃の運用を余儀なくされた、と言う理由がありました。
理想的だったのはドイツのMG系列の量産化だったのですが・・・
(344:三等自営業 ◆LiXVy0DO8s)

マシンガンが連射する仕掛けは?

機関銃と言うより自動銃一般の連射原理は、自動装填の作動慣性エネルギー源により、以下の方式に分類されます。
1.反動利用(ショットガンなど)
2-1.発射ガス利用(単純ブローバック:小型拳銃や短機関銃、間をとばして重機関銃、モデルガン)
2-2.発射ガス利用(遅延ブローバック:フリクションロック式。中型以上の拳銃やトミーガンやH&Kの製品)
2-3.発射ガス利用(ガス・オペレーション:大抵の自動小銃や分隊支援火器はこれ)
3.外部動力利用(ガトリング、バルカン砲など)
動作サイクルは、発火→上記エネルギーでボルト後退開始→薬莢排出→スプリング等でボルト前進開始→次弾装填の繰り返し、ただそれだけです。
(くだらない質問はここに書け!:黒まんルゥシィ)
実は多くのオートマチックガンというものは連射するのが普通の状態。
それをディスコネクターなどの余分なパーツや機構を使って一発ずつで止まるようにしているのだ。
たまにこのパーツが破損したりして、フルオートになる事故が発生している。
(くだらない質問はここに書け!:名指しさん)

戦争映画でよくマシンガン撃ってる奴の隣で弾支えてる奴がいるけどあれは何か意味があるんですか?

ベルト給弾(弾が金属や布のベルトで繋がれててそれを銃の装弾口に
送り込むことで弾を込める機構)式の機関銃は給弾ベルトをだれかが
支えていないと、ベルトが引っかかったり自重で垂れて上手く送られ
なかったりする。
そうすると弾が詰まったり銃が故障したりするので、それを防ぐ為に
脇にいる装弾手というポジションの兵が給弾ベルトを支える。

装弾主の本来の役割は弾薬箱を持ち運ぶことと、給弾ベルトを使い
切ったら新しいのを銃に装填すること。
(334:219)

ベルト給弾式には発射速度以外にどういったメリットがあるのでしょうか

昔の箱型弾倉の軽機関銃でも毎分100発以上、ブレンガン(三脚架)や、九二式重機で毎分250発と思ったより
高速でMG42系を除くベルト給弾式と遜色無い発射速度となるようなんですが
本当にこんな高発射速度で射撃できたんでしょう?
ベルト給弾式にも世代があって、布弾帯だと弾帯の長さによって連続発射単位が決まってくるよ。
金属リンクでも長さが規定のものと、分離リンク式の場合は箱にたとえば百発入りで渡されたとしても、
次の箱を開けて次々につなげて延々と長いベルトを用意しておくこともできる。
本当にこんなに高速で発射できたのか? の部分だけど、銃身を交換したりもあるので、250発1分あたりがきりの良い限界になる。
(587:703)

車両や後方の兵員向けという事で開発されていたPDWは実際にそういった場所に配備されているんでしょうか?

ごく少数の採用にとどまっています
また軍用としては極めて限定的な用途でもあり、同様の任務なら短縮小銃で事足りますので
当初のコンセプトである「個人防御火器」としての用途は殆ど有りません
むしろ変り種短機関銃としての性能が、限定された条件下で有用とされていますが。
(333:三等自営業 ◆LiXVy0DO8s)

SAW兵は後方で制圧射撃をして、敵が動けない間に小銃兵が突撃して制圧っていう認識であってる?

SAW(分隊自動火器)は、基本的に小銃の火力を補う目的の装備ですから
歩兵と連携して、同時に前進する為の火力投射をします
後方からの火力支援は小隊機関銃たるM60またはFN-MAGによって行なわれ
なので戦闘距離は小銃と同等となり、撒布界で言えば相当狭いです
よって命中精度以前に、小銃と同じ目標を制圧する事になります。
(594:三等自営業 ◆LiXVy0DO8s)

機関銃を銃身温度無視して撃ち続けた場合どうなるんでしょうか

まず、熱で銃身が歪むので弾道が狂い、まともに弾が飛ばなくなる。
そのうち加熱した銃身の熱が薬室も過熱させるので、薬室に装弾した
ら即座に発射薬が爆発するようになり、トリガーから指を離しても
弾が発射され続ける暴走状態に陥る。
(325:220)

旧日本軍の重機関銃や軽機関銃は命中率が高く優秀だったと聞きましたが?

機関銃の場合、命中率が高い、というのはあまり自慢にならないのだ。
必要なのは弾丸のシャワーを浴びせる能力なのね。
つまり発射速度の持続性。
結果として当たってれば御の字であって、本質は弾雨による制圧効果なのよ。

もっとぶっちゃけると、日本軍の機関銃は命中率を高く「せざるをえなかった」の。
それで弾数を節約しようとしたわけね。
だから投射火力はそう大きくなく、制圧効果では列強のそれに及ばないのだ。
(324:361)
今の自衛隊だっていかに点切り撃ちが出来るかを評価されるからなあ
機関銃の運用思想を根本から間違えてる、当てるためじゃねえから!数撃って制圧する武器だから!
(俺初質スレ30501:856)
光学照準器はMG42にだってついてたんだが・・・
(俺初質スレ30501:857)
弾幕を張れないのは弱点ではあるが、米軍や中国軍にとって精密な点射を行う日本軍機関銃がそれなりに脅威だったのも事実
{(俺初質スレ30501:858)

マシンガンと呼ばれる種類の銃の有効射程距離を知りたいのです

マシンガンを機関銃としてお答えしますと
400mから800m~1200m大口径のM2で2400m程度が有効射程とされています
これは口径と支持方法によって変動しますが概ね800m辺りが平均値ですね。
(297:三等自営業 ◆LiXVy0DO8s)

水冷機関銃はなぜ廃れたのか?

水冷機関銃の欠点は言うまでもなく、重量、水補給の必要性、水漏れや錆、水垢の問題など、
限りなくあります。にも関わらず水冷機関銃が使用されたのは、単純な空冷では熱の蓄積による銃身の軟化、
これに伴う銃身寿命の低下、命中率の低下から銃の損傷、クックオフの発生などの問題が生じ、長時間
戦場を制圧し続けることができなかったからです。

そこに「撃ちながら銃身を替えればいい」という革命的な発想の転換があり、一本の銃身を水で冷やしながら
使い続けるかわりに、銃身を簡単に変えられる設計として、銃身が熱くなったら取り替えて撃ち続ければいい、
となったわけです。で、その銃身は横に置いて冷やしておいて、また交換する、と。交換間隔を長くしたければ、
鉄を増やして分厚い銃身(HV、ヘビーバレル)として、熱容量を稼ぐ。これを前提として、現代の重機関銃、
軽機関銃は、銃身交換を行うことによって水冷を不要としたわけです。銃の設計と人間工学的な
(うっかり熱い銃身つかんでやけどしないように)工夫によって、銃身交換が戦場で簡単に行えるようになった結果、
水冷機関銃は必要性を失ったということです。

ちなみに、銃身交換が簡単にできない場合は、銃身の数を増やして冷却時間を稼ぎます。
ガトリング機関銃は、熱負荷が1/3~1/6になる上、回転による冷却効果も期待できますから、
銃身交換なしでもある程度連射できます。しかし、規定時間以上の射撃を続けると
否応なく過熱が生じます。6本の銃身全部が過熱した結果垂れているミニガンを
飾ってあるバーがアメリカにあるそうな。
(671:system ◆systemVXQ2)

演習のとき、機関銃の銃口につけるキャップのような部品の名前ってなんていうんですか?

銃口につけるものは「ブランクアダプター」
映画の撮影用小道具等で、実弾が発射できるように戻す必要がないので銃身に詰めたままにする
ものは「チョーク」と呼ぶ
(278:825)

何故日本にはベルト給弾式の機関銃が無かったのですか?

航空機銃はベルト式も多いけど。
陸戦でも九八式水冷重機とか、四式車載重機もベルトじゃないかね。
軽機とか旋回機銃は他国も弾倉式だし、九二式重機はコピー元のオチキスが保弾板式だから真似ただけ。
でも保弾板でも機能的にはベルト式と大して変わらんよ。
(俺初質スレ432:512)

銃身交換のできない機関銃で、過熱した銃身に水をかけるなど、緊急の手段で冷却した場合、

銃身の寿命や命中精度を落とすことにはならないのでしょうか?
銃身交換を考慮していない機関銃は、その運用については前線と共に移動しながら火力を発揮させるというものでした
従って銃身を冷却する必要に迫られる程連射する事は考えられていません
そのため銃身を冷却するような連射をすれば途端に銃身の歪みや精度の低下
最悪の場合は銃を破棄しなければならない重大な故障を招く事がままあります
まあ赤熱する前であれば水や小水で応急的に冷却して持続射撃の延長を図れました
しかし下手をすると銃身が曲がるくらいならまだ良いですが、最悪の場合銃身が破裂して重大な傷害を負うことがあります。
(262:三等自営業 ◆LiXVy0DO8s)

銃身加熱についてなのですが、最終的にどのようなことが起こるのですか?

そこに至るまでの経緯も教えてください。
熱くなり、銃身から陽炎が立って照準の邪魔になり、銃身内の摩耗が進み、
銃身に触れる部品からいやな匂いがし始め、煙が出たりひどい場合には出火し、
銃身が赤熱し、歪み始めて弾着が狂い、薬室も過熱してくるので、
装填したとたんに勝手に発射したりし、最終的には銃身は垂れる、
装填撃発機構も膨張と歪み、焼き付きでいかれる、といった感じでしょう。
(698:system ◆systemVXQ2)
そして、射手は火傷し、最悪の場合は銃身が破裂して
それで、腕や顔が吹っ飛んだりズタボロに
(698:401)
顔も吹っ飛ぶのですか? たかが数gの爆薬でw
発射ガスのみでも至近距離なら相当の傷害を受けますが
銃身や部品などの金属小片が飛来する為にさらに大きなダメージを受けます
空き缶の切れ端でも皮膚がスッパリ切れるのと同じ事ですね。
銃身が破裂したら銃弾が破裂したときと同様の被害という認識でOKなのですか?
(698:)
薬室に装填された銃弾が、銃身内での停弾などの理由で密閉された場合
発射ガスの圧力は異常に高まりそれによって銃身が破裂する事で
薬莢と銃身の破片がちょうど手榴弾の弾片と同様の効果をもたらします。
(698:三等自営業 ◆LiXVy0DO8s)
銃身が破裂する原因が、筒発といって、銃身の中で銃弾が破裂することによって、その外側の
銃身が破裂することなんだが。銃身単独で、破裂するわけじゃないよ。
(698:413)

機関銃の発射速度は何で決まるのですか?

ボルトの重さによって決まる。レートリディューサーを装着して
いる場合には、それによる調整もあるけど。
(俺初質スレ711:18)
あとリターンスプリングの硬さも
厳密に言えばボルトキャリアとレシーバーの間の摩擦とかも
(俺初質スレ711:20)

M27IARみたいなSAWってアサルトライフルとどこが違うんですか?

基本は同じだけど連射持用にフォアエンドが付き弾丸の初速を増大させて射程を延長するため銃身長が長く
銃身の過熱対策として肉厚になっていて長くなった銃身にあわせてバヨネットラグの位置が変更されてる
(俺初質スレ2050:350)

機関銃の弾丸って人が運んでたの

そりゃ車載火器でもなけりゃ射撃時には銃本体も弾薬も車輌から降ろすからね
基本的には現代の軍隊は基本的に機械化・自動車化されてるが、車輌が通れない地形もあるし
(俺初質スレ50501:743)
野砲や山砲が入れないようなジャングルや山岳にもすいすい入っていく92式歩兵砲は敵軍からは脅威だった
使う日本の兵としては重労働で泣けるけど
(俺初質スレ50501:744)
それも弾薬手の仕事
戦闘前は弾運びで、戦闘中は射手の補助をする
(俺初質スレ50501:745)
ドイツ軍の場合で、200発入りの弾薬ケース2個、予備銃身2本が弾薬手の装備
(俺初質スレ50501:746)





|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

▼全カテゴリー

■ 総記
├ 戦争全般
├ 軍事用語
├ 軍隊組織
├ 編成
├ 条約
├ 軍法
├ 諜報・情報戦
└ 戦略・戦術
  └ 戦法等
■ 雑学

■ 兵種・兵役等
兵種全般
特殊部隊
傭兵
軍医・衛生兵
パイロット
捕虜
兵役制度
階級

■ 兵器
兵器全般
銃砲全般
├ ▼小火器
| ├ 小火器全般
| ├ 小銃全般
| ├ 突撃銃全般
| ├ 各国の小銃
| | ├ アメリカの小銃
| | ├ ロシアの小銃
| | └ 日本の小銃
| ├ 機関銃全般
| | └ 各種機関銃
| ├ サブマシンガン
| ├ 散弾銃
| ├ 拳銃全般
| | └ 各種拳銃
| ├ 旧式銃
| ├ 銃器関連装備
| ├ 対戦車兵器
| ├ 迫撃砲等
| ├ 射撃技術
| └ 銃弾全般
|  └ 各種銃弾
├ ▼重火器
| ├ 重火器全般
| | └ 各種重火器
| └ 砲弾全般
|  └ 各種砲弾
├ ▼車両
| ├ 車両全般
| | └ 各種車両
| ├ 戦車全般
| | ├ 戦車砲
| | └ 戦車の装甲
| ├ WW2戦車
| | └ WW2各国の戦車
| └ 大戦後の戦車
|  └ 各国の戦車
├ ▼艦船
| ├ 艦船全般
| ├ 艦載兵器
| | └ 艦砲
| ├ 戦艦全般
| | ├ 各種戦艦
| | └ 大和型
| ├ 空母全般
| | ├ WW2空母
| | └ 大戦後の空母
| ├ 潜水艦全般
| | ├ WW2潜水艦
| | ├ 原潜
| | └ その他潜水艦
| ├ 輸送艦・揚陸艦
| ├ イージス艦
| └ その他の艦船
├ ▼航空機
| ├ 航空機全般
| | ├ 航空機技術
| | ├ 空戦技術
| | └ エンジン
| ├ ステルス機
| | └ 各種ステルス機
| ├ 戦闘機全般
| ├ 米軍機全般
| | ├A-10
| | └米軍戦闘機
| ├ ロシア機
| ├ 自衛隊機
| ├ その他戦闘機
| ├ その他航空機
| ├ レシプロ機
| | ├ レシプロエンジン
| | ├ 各種レシプロ機
| | ├ WW2米軍機
| | ├ ドイツ軍機
| | └ 日本軍機
| |  └ 零戦
| └ 軍用ヘリ全般
|   └ 各種軍用ヘリ
├ ▼ミサイル
| ├ ミサイル全般
| ├ 各種ミサイル
| | ├ 弾道ミサイル
| | ├ 対艦ミサイル
| | └ 対空ミサイル
| └ ミサイル防衛
├ ▼爆弾等
| ├ 爆弾全般
| ├ 各種爆弾
| ├ 爆薬・炸薬
| └ 地雷
├ ▼魚雷
| ├ 魚雷全般
| └ 各種魚雷
├ ▼大量破壊兵器
| ├ 核兵器全般
| | └ 各種核兵器
| |  └ 広島・長崎
| └ 生物化学兵器
レーダー全般
| └ 各種レーダー
宇宙
軍用ロボット
動物兵器
未分類兵器
 └ 刀剣弓等

装備
  ├ 防具
  ├ 勲章
  └ 軍服



■ 国家・地域
├ ▼ アメリカ
| ├ アメリカ全般
| └ アメリカ軍全般
|   ├ アメリカ陸軍
|   ├ アメリカ空軍
|   ├ アメリカ海軍
|   └ アメリカ海兵隊
├ ▼ ロシア(旧ソ連)
| ├ ロシア全般
| └ ロシア軍
├ ▼ 欧州
| ├欧州全般
| └ 西欧諸国
├ ▼ 中国
| ├ 中国全般
| └ 中国軍
台湾
├ ▼ 朝鮮半島
| ├ 北朝鮮
| └ 韓国
アジア全般
中東全般
| ├ イラン
| └ イスラエル
中央アジア
| └ アフガニスタン
アフリカ
その他の地域

■ 戦史・戦訓
近代以前
近代
日本史
日清戦争
日露戦争
├ ▼ 第一次世界大戦
| ├ WW1全般
| ├ WW1連合国
| ├ WW1同盟国
| ├ WW1陸戦関係
| ├ WW1海戦関係
| └ WW1空戦関係
日中戦争
| └ 満州国
ノモンハン事件
├ ▼ 第二次大戦
| ├ WW2全般
| ├ 連合国全般
| | ├WW2アメリカ
| | └WW2ソ連
| ▼欧州戦線
|  ├ 欧州戦全般
|  ├ 独ソ戦
|  ├ ドイツ全般
|  | ├ドイツ軍
|  | ├ヒトラー
|  | └ナチス
|  ├ 欧州陸戦関係
|  ├ 欧州海戦関係
|  └ 欧州空戦関係
| ▼太平洋戦線
|  ├ 太平洋戦全般
|  ├ 旧日本全般
|  ├ 旧日本軍全般
|  | ├日本海軍
|  | └日本陸軍
|  ├ 戦前関連
|  ├ 開戦関連
|  ├ 戦中関連
|  ├ 降伏関連
|  ├ 戦後関連
|  ├ 太平洋陸戦関係
|  | └硫黄島
|  ├ 太平洋海戦関係
|  ├ 太平洋空戦関係
|  | └ 空襲
|  └ 特攻
朝鮮戦争
ヴェトナム戦争
├ ▼ 現代戦
フォークランド紛争
湾岸戦争
イラク戦争
低強度紛争
領海侵犯