パワパーク@Wiki 228期前後半戦総括(日本ハム)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。





228期リーグ総括

シーズン活躍した選手&各球団の総括

-日本ハム-

活躍選手 ㈱㌍ 今期の日ハム野手陣を引っ張った球界屈指の長距離砲打者。得意のフルスイングで毎期30本以上の本塁打を量産し続けている。
来期の目標は50本越えか。
明徳義塾 ここ最近抜群の安定感を見せている日ハムの中継ぎエース。多彩な変化球とキレ○の特殊能力を活かし今期の防御率は驚異の1.19!
来期からは先発に転向予定だが、彼ならさらに大飛躍してくれることだろう。

総評
今期の日ハムは最後の最後までAクラス入りかどうか、というところだった。今期の日ハムを振り返ってみると防御率はいつも通り低く保つことができたが、得点力がいま一つ伸び悩んでいるという感じだ。しかし来期はパリーグより一流選手が移籍してくる予定なので少しは改善できそうだ。そろそろ足並みが揃ってきた日ハム。今期Aクラス入りを果たせなかった悔しさを来期は晴らしてほしい。

-西武-

活躍選手 十六夜咲夜 西武攻守の要の選手。昨季はチームトップの打率.287・183安打。今後注目の好打者だ。
黄金変化 西武を支える速球派右腕。昨季は最下位チームながら12勝10敗と勝ち越した。防御率2.42も輝いている。

総評
得点力が低く、防御率が高い西武。長距離砲が不在なだけにこれからの育成がカギを握ってくる。

-ロッテ-

活躍選手 huaⅣ+ プロ野球人生21年に幕を閉じたロッテのスーパースター選手。通算打率が.339は歴代打者3位。
最後の年も.352厘で見事首位打者に立ち有終の美を飾った。
蛇団鋼 最速157㌔の千葉が誇るドクターK。昨期もその快速球と5色の多彩な変化球を武器に最多奪三振に輝いた。
彼の投げる試合は勝率が非常に低いためあまり仕掛けたくない投手だ。

総評
スモールベースボールを極めているロッテ。チーム本塁打数が57と極めて低いのがわかる。とにかく繋ぐ野球を実践しているが得点力が上がってこない。そろそろ改革が必要か。

-楽天-

活躍選手 加藤4 歴代通算盗塁数1位を狙う韋駄天男。しかし昨季は屈辱的にも1個差で盗塁王を奪われた。来季は盗塁王奪還に向けて熱く燃える。
陶器 20年目を迎えてもなお衰えることのない投球術。昨季は完璧な投球を披露し防御率は見事1.98。対戦すると厄介な投手だけに要注意だ。

総評
昨季は日ハムを抑えてAクラス入りを果たした楽天。得点率が3.5と高かった事が良かったのだろう。投手陣も先発・中継ぎ・抑えが各自の仕事をしっかり果たしたことも大きかった。

-ソフトバンク-

活躍選手 ニョロモⅠ 一本足とスイッチを掛け合わせた打者。鋭いスイングから昨季は27本塁打。今後もソフトバンクを背負っていく男となりそうだ。
あっきー 超特殊能力鉄腕と最速154キロの速球を武器に奪三振を奪いまくる福岡のドクターK。その才能は若き時から開花し早くも3億円プレーヤーになる。
昨期も安定した投球を続け防御率は1.68。最多奪三振のタイトル争いではいつも千葉のドクターK蛇団鋼と張り合う。
昨季は最多奪三振のタイトルを奪われただけに来期は意地を見せてくるだろう。

総評
昨季はチーム防御率こそ高かったものの得点力で抑え込んだ。一発もありながら機動力も混ぜ込んでくる打線と、安定感のある投手陣を擁してパリーグ2位。来期も注意して臨まなければいけない相手だ。

-オリックス-

活躍選手 周幼平 第228期あけぼんペナント・パリーグ本塁打王に輝いた驚異の7番打者。神主打法から本塁打を量産するだけでなく三振数もあまり多くない。
今後注意しなければいけない打者だ。
ユウタⅧ 第228期あけぼんペナント・パリーグ最優秀防御率・最多勝に輝いたオリックスのエース。ヒールアップ投法で投げ抜いた投球回数は驚異の224回。
来季も数々のタイトルを総なめにしそうな予感だ。

総評
黄金期を迎えたと言っていい成績を残しているオリックス。投手陣、打撃陣どちらも安定しているだけに今後も日ハムリーグ優勝にとって一番の強敵だ。




228期前半戦総括

前半活躍した選手&各球団の総括

-日本ハム-

活躍選手 ㈱㌍ 秋山幸二の後を継ぐチームの主砲。年齢的に苦しいものの打撃能力は相変わらず球界トップクラス。今後もチームを引っ張っていってほしい。
明徳義塾 中継 言わずと知れた日本ハムの中継ぎエース。才能をようやく開花させ、球界を代表する投手となった。

総評
今季は先発のフィリップ、守護神の涌井秀章を中継ぎへ転向させた。いずれも好成績を残し、この起用法は成功といえるだろう。秋山幸二、水木一郎の引退で下降した得点力を今ある戦力でどれだけ埋められるかがカギとなる。

-西武-

注目選手 十六夜咲夜 崩壊状況にある西武を救うためロッテからスティー+と共に移籍してきた。管理野球で鍛え上げられた能力は文句なし。今後西武の顔となる活躍を期待する。
きょん子 抑え エース級の能力を持つものの能力の低い野手陣に悩まされセーブ数、防御率ともに振るわず。個人的には先発転向すれば開花するような気がする…

総評
他球団からの即戦力の入団で輝きを取り戻しつつある西武。今後の戦いぶりに注目だ。

-ロッテ-

注目選手 huaⅣ+ 今期がラストシーズンとなる通算打率.339の球界最高峰バッター。有終の美を飾れるか?
蛇団鋼 先発 最多奪三振のタイトルを2度獲得し、1500奪三振も軽く達成している剛腕。ロッテを支えるエースは今季も健在だ。

総評
明らかなパワー不足で得点力が伸びないロッテ。主砲を獲得する必要がありそうだ。

-楽天-

注目選手 ツルリンDX 2代目加藤4最右翼の選手。盗塁数は加藤4に勝るとも劣らない。
陶器 先発 スタミナはEまで劣化しているが未だに先発ローテの一角に収まる。経験を味方につけ好成績を残す。

総評
主力の世代交代がうまくいき、戦力ダウンは0に等しい楽天。このままなら黄金期に突入するのも時間の問題か。

-ソフトバンク-

注目選手 PLUSX 3年目ながら高い能力とロケット打法で安打を量産する。今後はチームの顔となるか?
杉内3 中継 長きに渡りチームのエースを務めた名投手。今期で引退となるが、最後まで輝きを失わないままでいてほしいものだ。

総評
黄金期を支えた主力が衰え、若手の成長も思うようにいかないソフトバンク。名門の再建はまだ難しいか?

-オリックス-

注目選手 周幼平 神主打法から繰り出される鋭い打球で本塁打を積み重ねる。次期主砲は間違いないか?
榊原郁人 中継 2年目とは思えない能力を持つエース候補。大きなスローカーブ、フォークを武器に戦う。

総評
黄金期まっただ中のオリックス。連続優勝は確定か?






最終更新者:横濱高
最終更新日: 2009年03月30日 14時16分18秒
通算訪問者   -
今日の訪問者  -
昨日の訪問者  -