※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シオカラトンボ( Orthetrum albistylum


  • 漢字:塩辛蜻蛉
  • 分布:日本全土
  • 時期:4~11月
  • 腹長:32~40mm
  • 越冬:幼虫
成熟したオスの腹部は写真のような水色になる。
未成熟のオスとメスは腹部は黄色く、「ムギワラトンボ」と呼ばれる。
オオシオカラトンボ?シオヤトンボ?に似ているが、
オオシオカラトンボ?には羽の付け根に黒い模様があり、
シオヤトンボ?より本種のほうが大型である。