自由にゃんこ同盟正統政府 大神聖巫女巫女党 小夜日記 for PSO BB > 2006年09月04日 > PSU発売!

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
8/31
遂にクローズβからwktkしながら発売を待っていたファンタシースターユニバース、
通称PSUが発売されました。
発売日(8/31)には仕事を定時であがって、ダッシュでヨドバへ直行。
見事入手したのは良いのだけれど……
まず、このPSU、SegaLinkというものに登録をしなければならないのですが、まずこの
SegaLinkに接続が出来ない。
何度やっても「混雑中で~」という画面が出て、登録すら出来ない。
2chでも結構な祭りになっていたようで、この画面がデフォルトなんだよな?等と自ら
を慰める書き込みが出る始末。
まぁ、私自身全く登録が出来なかったのですが、MSNの仲間の一人が私にSegaLinkのIDを
譲ってくれたおかげで、ゲームIDの登録はできました(多謝>ママ)
しかし……
PSUは30日間の無料プレイ期間がデフォルトで与えられるのですが、どうもサーバーの不具
合のおかげで、ゲームIDの登録直後はこの無料期間のプレイ権が反映されないらしく、ゲー
ムサーバーへ接続しようとするとはじかれるということが判明。
つまり
セガリンクに接続→セガリンクのID登録→ゲームIDの登録→ゲームサーバーへ接続
何度もリトライを経て次のステップへ進んでも、やはり接続できない・登録できないにな
りやはりリトライを繰り返し、最後の最後、苦労の果てにIDを登録してもゲームが出来な
いというなんとも悲しい結果となったのでした。
そして、PSUのことを人はこう呼んだ。
「リトライオンライン」と。

9/1
どうやら30日無料プレイ権を反映されたらしく、あっさりとログインに成功。
PSOよりもより詳細にキャラクターを作ることが出来るので、じっくりと吟味してキャラを
作成。
さあ、楽しいプレイの始まりだ!!!
と、おもいきや、
サーバー間の移動が出来ない(PSUは一つのサーバーに500人程度を収容でき、接続時は
複数のサーバーからランダムに選択されます。友人に会いに行きたいときは、サーバーを
変更して会いに行く必要があります)、マイルームから出られない(PSUではキャラクター
毎に部屋を与えられます。キャラクターを作ると、まずこのマイルームに入ります)などの
不具合で、知り合いに全然会えないという悲しい結果に。
何度も何度もリトライを繰り返し、やっと出てこられたという人とは会えましたが、なんだ
か潜る気分になれず(怖くて)、ベンチに腰掛けてずっとダベってました。
そして、PSUのことを人はこう呼んだ。
「監禁オンライン」と。

9/2
なんとか安定してきたのか、ログイン時やサーバー移動時にたまに切断されるものの、ど
うにか遊べるようになってきた。
というか、初めて遊んだ。
適当な部屋に乱入し、冒険を満喫。
気の会う人とも知り合いになれて、ギルカを交換。
これあるかなPSU。
夜にはOASISの顔見せ会にも出られて、大いに盛り上がる。
だが、もう既にチーと行為があるという不穏な話を耳に(MSNでだけど)。
どうやらそれは本当のようで、その結果、最悪の事態を引き起こすことになる。
まったりとだべっていると、画面にテロップがながれ、キャラクタの不具合修正を行なった
らデーターのロールバックかリセットするよ、とのこと。
私のキャラはLV11程度なんで、それほどダメージはでかくないのですが、高レベルのキャラ
を持っている人は、かなりショックでしょうねぇ。
普通、巻き戻ることが分かったら、冒険には行かないかもしれないが、われわれは違う。
ここぞとばかりに冒険へ向かうのだった。
馬鹿だが、楽しかった。なんか、無性に。
そして、PSUのことを人はこう呼んだ。
「巻き戻りオンライン」と。

9/3
お昼ごろ遊ぼうとログインするが、どうやら15:00迄メンテらしい。
仕方なく、MSNでダベっていたのだが、15:00を過ぎても一向にログインできず。
メンテが17:00迄のびたらしい。
やはり仕方なく、MSNでだべってみたが、やっとサーバーに接続できても、サーバーの移動
が出来ない上、普通に歩いているだけで切断されるという奇怪な状況に。
ソニチは半日もメンテに時間を掛けて何をやっていたのか……
結局この日は全くゲームにならず、PSUをプレイすることが出来なかった。
結局まともに遊べたのは1日だけか。
なんだかなぁ。
そして、PSUのことを人はこう呼んだ。
「いい加減にしろソニチ」と。



カテゴリ: [PSU] - &trackback- 2006年09月04日 12:50:55
名前: コメント:
#blognavi