パワパーク@Wiki 他球団考察(西武)



他球団を考察します。とにかく。


第288回

仲居允彦 オリックスの3番打者。ミートが非常に高い。
昨シーズンは、打率.281 HR20本 69打点と活躍。
剥け将軍 若手成長株の中継ぎ投手。制球力が高い。
昨年は10勝6敗6S 防御率2.83と活躍。shotaと共に中継ぎとしてチームを支える。
若手野手が順調に成長している。投手陣がどれだけ踏ん張れるかが勝敗の鍵となる。
今年は優勝争いに加わりたい。

北野良栄 ソフトバンクの主軸。クラインの壺の存在で目立たなかったが、能力は非常に高い。
昨年は、打率.312 HR19本 82打点と活躍した。
茂野吾郎Ⅱ ソフトバンクのエースに成長。決め球はスライダー・カーブ・フォーク。
昨年は17勝3敗 防御率2.03と活躍。今年は中継ぎに転向してチームを支える。
課題の投手力が改善されてきた。野手は充実しており得点力は非常に高い。
対戦では如何に強力打線を抑えるかが鍵となる。

ゴリゴリ ロッテの新入団選手。走力と守備力が高い。
守備面でチームに大きな貢献している。
ノエイン パームとHシンカーが決め球の中継ぎ投手。
昨年は、10勝7敗1S 防御率2.63と活躍し、最多奪三振のタイトルを獲得した。
名無しが多くチーム事情は依然として苦しい。昨年と同様に今年も厳しい戦いが予想される。
対戦では、中継ぎは安定しているので、能力の低い先発を狙いたい。

クロマティ 楽天の3番打者。パワー・ミート共に非常に高く一発を量産できる能力を持つ。
昨年は、打率.306 HR31本 84打点と活躍した。
クーンズベリ 楽天の絶対的エース。決め球が、スライダー・カーブ・フォーク・スクリューと豊富。
昨年は、21勝3敗 防御率1.03 と大活躍。対戦では絶対に避けたい投手である。
クリーンアップが非常に強力。投手陣も充実してきた。
昨年はリーグ3位とAクラス入りを果たした。今年は連続Aクラス入りを狙う。

伊集院炎山 日本ハムの若手成長株。ミートとパワーのバランスが取れている。
低迷しているチームを引っ張っていきたいところ。
オズワルド 絶対的エースとしてチームを引っ張る。Hスライダーとナックルが非常に強力。
昨年は、16勝7敗 防御率1.78 と大活躍。対戦は避けたい。
選手層が薄いため、得点力が低く防御率も安定しない。名無しを減らすのが課題。
昨年同様、今年も厳しい戦いになりそうだ。



第287回

天災地変Ⅴ オリックスの不動の4番。パワ・ミート共に最高レベル。
昨シーズンは、打率.378 HR25本 100打点と大活躍。
shota 今期から中継ぎに転向。スライダーとフォークが武器。
昨年は19勝6敗・防御率1.76と活躍。先発投手からできるだけ得点したい。
若手野手が順調に成長しているが、投手力が低下。
優勝争いをするには厳しいか。

クラインの壺 ソフトバンクの主砲。打撃面でチームを支えている。
昨年は、打率.353 HR33本 98打点と活躍した。
茂野吾郎Ⅱ ソフトバンクのエースに成長しつつある。決め球はスライダー・カーブ・フォーク。
能力としてはまだまだだが、強力打線の援護があるため、対戦は避けたい。
課題の投手力が改善されてきた。野手は充実しており得点力は非常に高い。
対戦では如何に強力打線を抑えるかが鍵となる。

ゴリゴリ ロッテの新入団選手。走力と守備力が高い。
守備面でチームに貢献できるか。
ノエイン パームとHシンカーが決め球の中継ぎ投手。
昨年は、6勝2敗5S 防御率1.84と活躍した。
名無しが多くチーム事情は依然として苦しい。昨年と同様に今年も厳しい戦いが予想される。
対戦では、中継ぎは安定しているので、能力の低い先発を狙いたい。

上条当麻 楽天の4番打者。パワーが非常に高く一発を量産できる能力を持つ。
昨年は、打率.285 HR41本 107打点と大活躍した。
クーンズベリ 楽天の絶対的エース。決め球が、スライダー・カーブ・フォーク・スクリューと豊富。
昨年は、17勝3敗 防御率1.58 と大活躍。対戦では絶対に避けたい投手である。
クリーンアップが非常に強力。投手陣も充実してきた。
昨年はリーグ4位と2年連続でBクラス。今年こそAクラス入りを狙う。

伊集院炎山 日本ハムの若手成長株。ミートとパワーのバランスが取れている。
低迷しているチームを引っ張っていきたいところ。
オズワルド 絶対的エースとしてチームを引っ張る。Hスライダーとナックルが非常に強力。
衰退期に入ったが能力が高いので対戦は避けたい。
選手層が薄いため、得点力が低く防御率も安定しない。名無しを減らすのが課題。
今年も厳しい戦いになりそうだ。




第286回

天災地変Ⅴ オリックスの不動の4番。パワ・ミート共に最高レベル。
昨シーズンは、打率.393 HR41本 122打点と大活躍。パ・リーグ首位打者・野手MVPを獲得した。
最強 shotaと共にオリックスの先発の柱。スライダーとフォークが武器。
昨年は18勝7敗・防御率2.05と活躍。できれば対戦は避けたい。
若手野手が順調に成長しているが、主力投手陣の高齢化が進んでいる。
総合力は依然として高い。

クラインの壺 ソフトバンクの主砲。ミート・走力が高く足で掻き回す。一発もあり厄介なバッター。
昨年は、打率.372 HR26本 105打点と活躍した。
茂野吾郎Ⅱ ソフトバンクのエースに成長しつつある。決め球はスライダー・カーブ・フォーク。
能力としてはまだまだだが、強力打線の援護があるため、対戦は避けたい。
依然として先発投手陣の層が薄いが、中継ぎ・野手陣は充実。得点力が非常に高い。
対戦では能力の低い先発からどれだけ得点できるかが鍵となる。

デュラン ロッテの主砲。衰えが隠せないが怖いバッター。
名無し化したが、主軸としてチームを引っ張る。
南田 Hシンカーが決め球の中継ぎ投手。ノエインと共に中継ぎとしてチームに貢献。
昨年は、6勝1敗3S 防御率1.66と活躍した。
名無しが多くチーム事情は依然として苦しい。昨年と同様に今年も厳しい戦いが予想される。
対戦では、中継ぎは安定しているので、能力の低い先発を狙いたい。

上条当麻 楽天の4番打者。打率は低いがパワーが非常に高く一発がある。
昨年は、打率.233 HR30本 96打点と活躍した。
クーンズベリ 楽天の絶対的エース。決め球が、スライダー・カーブ・フォークと豊富。
昨年は、15勝7敗 防御率1.58 と大活躍。対戦では避けたい投手である。
有望な若手選手が着実に成長し得点力が大幅アップした。
昨年はリーグ5位と再びBクラスに転落。今年はAクラス入りを狙う。

鴨葱 日本ハムの中軸打者。ミートがかなり高く、パワーもあるため一発もある。
昨シーズンは3番として打率.300 HR19本 50打点の成績を残した。
オズワルド 絶対的エースとしてチームを引っ張る。Hスライダーとナックルが非常に強力。
衰退期に入ったが能力が高いので対戦は避けたい。
選手層が薄いため、得点力が低く防御率も安定しない。
今年も厳しい戦いになりそうだ。



第285回

天災地変Ⅴ 昨年よりオリックスの4番に座る。パワ・ミート共に最高レベル。
昨シーズンは、打率.351 HR30本 103打点と大活躍。今年はそれ以上の成績を残せるか。
最強 shotaと共にオリックスの次世代を担うであろう先発投手。スライダーとフォークが武器。
昨年は14勝8敗・防御率1.91と活躍。できれば対戦は避けたい。
主砲・強打巧打守備型が引退したが、中堅・若手選手の成長で得点力の低下は無さそうだ。
中継ぎのたこやき・小岩井よつばが巨人に移籍し投手陣が弱体化したため、以前ほどの怖さはなくなっている。

クラインの壺 ソフトバンクの主砲に成長した。ミート・走力が高く足で掻き回す。一発もあり厄介なバッター。
昨年は、打率.423 HR37本 107打点と大活躍。首位打者とパ・リーグMVPを獲得した。
ソフトバンクの強力中継ぎ陣の一人。決め球はパーム・Hシンカー。
みぃ~くんとの中継ぎリレーを打ち崩すのは困難と予想される。昨年は、中継ぎながら22勝1敗5S 防御率1.30と大活躍し、パ・リーグMVPを獲得した。
依然として先発投手陣の層が薄いが、中継ぎ・抑え・野手陣は充実。得点力が非常に高い。
対戦では能力の低い先発からどれだけ得点できるかが鍵となる。

デュラン ロッテの主砲。衰えが隠せないが怖いバッター。
昨年の成績は今一つだったが、オフに特殊能力・チャンスメーカーを取得し今シーズンの活躍を期する。
南田 Hシンカーが決め球の中継ぎ投手。ノエインと共に中継ぎとしてチームに貢献。
昨年は、9勝2敗4S 防御率2.24と活躍した。
名無しが多くチーム事情は依然として苦しい。昨年と同様に今年も厳しい戦いが予想される。
対戦では、中継ぎは安定しているので、能力の低い先発を狙いたい。

ky 楽天の主軸選手。ミートが高く活躍が期待されている。
2番ky・3番クロマティのコンビは強力である。
クーンズベリ 楽天の絶対的エース。決め球が、スライダー・カーブ・フォークと豊富。
昨年は、12勝6敗 防御率2.25 と活躍。対戦では避けたい投手である。
有望な若手選手が着実に成長し得点力が大幅アップした。
昨年はリーグ3位と久々のAクラス入りを果たした。今年もAクラス入りを狙う。

鴨葱 日本ハムの中軸打者。ミートがかなり高く、パワーもあるため一発もある。
昨シーズンは3番として打率.305 HR14本 49打点の成績を残した。
オズワルド 絶対的エースとしてチームを引っ張る。Hスライダーとナックルが非常に強力。
昨年は、13勝10敗 防御率2.20と活躍。対戦では避けたい投手だ。
球界を代表する1番バッターのPANDAが引退し、得点力の低下は必至。投手陣の層が薄く、チーム防御率が安定しない。
今年は昨年以上に厳しい戦いになりそうだ。



第284回

天災地変Ⅴ 主砲・強打巧打守備型の引退により、今年からオリックスの4番に座る。パワ・ミート共に高い。
オフシーズンに超特殊能力・闘気を習得し、対戦時の怖さが増した。
最強 shotaと共にオリックスの次世代を担うであろう先発投手。スライダーとフォークが武器。
昨年は17勝5敗・防御率1.67と抜群の安定感を見せた。対戦は避けたい。
主砲・強打巧打守備型が引退したが、中堅・若手選手の成長で得点力の低下は無さそうだ。
中継ぎ陣の安定感は抜群だが、先発2人・剥け将軍・ネーノの能力が低く、対戦ではこの二人を狙っていきたい。

クラインの壺 ソフトバンクの主砲に成長した。ミート・走力が高く足で掻き回す。一発もあり厄介なバッター。
オフシーズンに超特殊能力・闘気を習得し、対戦ではとても怖いバッターだ。
ソフトバンクの強力中継ぎ陣の一人。決め球はパーム・Hシンカー。
みぃ~くんとの中継ぎリレーを打ち崩すのは困難と予想される。
依然として先発投手陣の層が薄いが、中継ぎ・抑え・野手陣は充実。得点力が非常に高い。
対戦では能力の低い先発からどれだけ得点できるかが鍵となる。

デュラン ロッテの主砲。衰えが隠せないが怖いバッター。
昨年は、3番として打率.286 HR26本 66打点と活躍した。
ノエイン Hシンカーとパームが決め球の中継ぎ投手。中継ぎの柱としてチームに貢献。
昨年は、15勝5敗 防御率1.42と中継ぎとは思えない驚異的な活躍をした。
名無しが増えてチーム事情は苦しい。昨年と同様に今年も厳しい戦いが予想される。
対戦では、中継ぎは安定しているので、能力の低い先発を狙いたい。

ky 楽天の若手有望選手。ミートが高く活躍が期待されている。
2番ky・3番クロマティのコンビは強力である。
クーンズベリ 楽天の絶対的エース。決め球が、スライダー・カーブ・フォークと豊富。
昨年は、17勝5敗 防御率1.62 と自己最高の成績を記録。対戦では絶対に避けたい投手である。
有望な若手選手が着実に成長し得点力の大幅アップが期待される。
今年こそAクラス入りなるか。

鴨葱 日本ハムの中軸打者。ミートがかなり高く、パワーもあるため一発もある。
昨シーズンは3番として打率.325 HR24本72打点と活躍した。
オズワルド 絶対的エースとしてチームを引っ張る。Hスライダーとナックルが非常に強力。
昨年は、13勝6敗 防御率2.10と自身最高のシーズンだった。対戦では絶対に避けたい投手だ。
球界を代表する主砲・moemoeが引退し、得点力の低下は必至。投手陣の層が薄く、チーム防御率が安定しない。
今年は昨年以上に厳しい戦いになりそうだ。





第283回

メモリーズ 主砲・五十嵐亨の引退により今年から3番に座る。パワ・ミート共に高い。
五十嵐亨の抜けた穴を埋めることができるか注目したい。
最強 shotaと共にオリックスの次世代を担うであろう先発投手。スライダーとフォークが武器。
昨年は18勝6敗・防御率1.99と大ブレイクした。
主砲・五十嵐亨が引退し得点力が大幅に低下すると予想される。
それでも総合力はパ・リーグ随一だろう。

クラインの壺 ソフトバンクの若手の成長株。ミート・走力が高く足で掻き回す。
昨年は、打率.341 HR21本 81打点と大活躍した。
みぃ~くん ソフトバンクの強力中継ぎ陣の一人。決め球はパーム・Hシンカー・Hスライダーと多彩。
王選手との中継ぎリレーを打ち崩すのは困難と予想される。
依然として先発投手陣の層が薄いが、中継ぎ・抑え・野手陣は充実。得点力が非常に高い
対戦では先発からどれだけ得点できるかが鍵となる。

デュラン ロッテの主砲。衰えが隠せないが怖いバッター。
昨年は、3番として打率.322 HR21本 52打点と活躍した。
ノエイン Hシンカーとパームが決め球の中継ぎ投手。中継ぎの柱としてチームに貢献。
昨年は、17勝2敗 防御率1.45と中継ぎとは思えない驚異的な活躍をした。
名無しが増えてチーム事情は苦しい。
昨年と同様に今年も厳しい戦いが予想される。

ky 楽天の若手有望選手。ミートが高く活躍が期待されている。
2番ky・3番クロマティのコンビは今後怖い存在になるだろう。
最期のシ者 轍堰劉轡と共に楽天の若手有望投手。スライダーとSスライダーが武器
中継ぎとしてチームに貢献できるか注目したい。
有望な若手選手が育ってきており数年後が楽しみ。
Aクラス入りが目標。

moemoe 40歳を超えても衰えを全く感じさせない活躍ぶり。
昨シーズンは4番として打率.329 HR34本90打点と活躍した。
オズワルド 絶対的エースとしてチームを引っ張る。Hスライダーとナックルが非常に強力。
昨年は、11勝7敗 防御率2.10と最高のシーズンだった。対戦では避けたい投手だ。
投手陣の層が薄く、チーム防御率が安定しない。
野手陣は中々の陣容を誇る。



第282回

五十嵐亨 球界を代表する強打者。
40歳を超えても衰えが全く感じられない。
shota オリックスの次世代を担うであろう先発投手。パームが非常に強力。
球界を代表する選手に成長した。
総合力はパ・リーグ随一。
主力選手の高齢化が気になるところ。

クラインの壺 ソフトバンクの若手の成長株。ミート・走力が高く足で掻き回す。
順調に成長すれば怖いバッターになるだろう。
みぃ~くん ソフトバンクの強力中継ぎ陣の一人。決め球はパーム・Hシンカー・Hスライダーと多彩。
今シーズンも層の薄い先発陣をカバーできるか。
先発投手陣の層が薄いが、中継ぎ・抑え・野手陣は充実。得点力が非常に高い
中継ぎ・抑えの貢献でチームは安定している。

デュラン ロッテの主砲。衰えが隠せないが怖いバッター
この選手は是非マークしたい。
ノエイン Hシンカーとパームが決め球の中継ぎ投手。中継ぎの柱としてチームに貢献。
ここ数年は防御率が1点台と安定感抜群。
名無しが増えてチーム事情は苦しい。
昨年同様に今年も厳しい戦いが予想される。

クロマティ 楽天の若手有望選手。
既にパワー・ミート能力がかなり高く末恐ろしい打者である。
轍堰劉轡 楽天の若手有望投手。フォークとHシンカーが武器
中継ぎとしてチームに貢献できるか注目したい。
有望な若手選手が育ってきており数年後が楽しみ。
Aクラス入りが目標。

moemoe 40歳を超えても衰えを全く感じさせない活躍ぶり。
今シーズンは2番から4番へ移動しチームを引っ張る。
オズワルド 日本ハムの絶対的エースとしてチームを引っ張る。
防御率の割に勝ち星には恵まれないが、能力は非常に高い。できるだけ対戦は避けたい。
投手陣の層が薄く、チーム防御率が安定しない。
野手陣は中々の陣容を誇る。

第281回

強打巧打守備型 オリックス不動の4番打者で球界を代表する選手。
昨年は、打率.367 HR31本 118打点と衰えが全く感じられない。
shota オリックスの次世代を担うであろう先発投手。パームが非常に強力。
オフに特殊能力・威圧感を取得し、今シーズンは飛躍の年となるだろう。
昨年は日本シリーズで敗退したが、総合力はパ・リーグ随一。
今年こそ日本一奪還を目指す。

クラインの壺 昨シーズンは、3番でHR26本88打点を残した若手の成長株。ミート・走力が高く足でも掻き回す。
順調に成長すれば怖いバッターになるだろう。
みぃ~くん ソフトバンクの強力中継ぎ陣の一人。決め球はパーム・Hシンカー・Hスライダーと多彩。
オフに特殊能力・安定感を身に付け安定感が増した。
昨年はCSでオリックスに敗れて悔しい思いをした。先発投手陣の層が薄いが、中継ぎ・抑え・野手陣は充実。
中継ぎ・抑えの貢献でチームは安定している。

デュラン 主砲・長瀬楓が引退し、チームの看板を背負うことになった。
昨年は25本塁打と精彩を欠いた。オフに習得した特殊能力・固め打ちで活躍なるか。
ノエイン Hシンカーとパームが決め球の中継ぎ投手。NO-LIANと共に中継ぎの柱。
昨シーズンは投球回数262 0/3 防御率1.10と驚異的な数字を残した。
中継ぎ投手のNO-LIANが名無し化したため若干投手力が低下した。
昨年同様に今年も厳しい戦いが予想される。

クロマティ 昨年は新人だがDHとして3番に座りHR29本70打点と活躍。
新人とは思えないパワー・ミート能力で末恐ろしい打者である。
クーンズベリ 一昨年に12勝8敗と遂に開花した。昨年は12勝10敗・防御率1.96。能力が非常に高い本格派投手。
対戦では避けたいところ。
主軸のせれそんが引退し、得点力が低下するだろう。今年も厳しい戦いが予想される。
Aクラス入りが目標。

moemoe 昨年40本塁打と衰えを全く感じさせない活躍ぶり。
一番PANDA・二番moemoeのコンビは非常に強力。
オズワルド 能力が徐々に上がってきており、エースとしてチームを引っ張る。
今まで防御率の割に勝ち星には恵まれなかったが、昨年は12勝11敗と一人気を吐いた。今年の活躍も期待される。
投手陣の層が薄く、チーム防御率が安定しない。
野手陣は中々の陣容を誇る。投手陣を強化すればAクラス入りも近い。

第280回

強打巧打守備型 オリックス不動の4番打者で球界を代表する選手。
衰退期に入ったが衰えは感じられない。
最強 オリックス先発では一番若手。能力が上がり怖い存在に成長した。
スライダーとフォークを駆使する技巧派投手。
昨年は日本シリーズ進出を逃したが、総合力はパ・リーグ随一。
今年は日本一奪還を目指す。

ニョロモⅣ 一番打者ながらHRバッターで昨年は43本塁打。ミート・走力・守備も高い。
パ・リーグで最も怖い一番打者だろう。
みぃ~くん 今年は抑えから中継ぎに転向。決め球はパーム・Hシンカー・Hスライダーと多彩。
オフに超特殊能力・鉄腕を身に付け更に能力を上げた。
昨年は日本一になりチームの雰囲気は良い。先発投手陣の層が薄いが、中継ぎ・抑え・野手陣は充実。
中継ぎ・抑えの貢献でチームは安定している。

デュラン 主砲・長瀬楓が引退し、チームの看板を背負うことになった。
昨年は40本塁打と活躍し今年も40本塁打以上を目指す。
ノエイン Hシンカーとパームが決め球の中継ぎ投手。NO-LIANと共に中継ぎの柱。
オフに超特殊能力・鉄腕を習得し球速大幅upでHシンカーの威力が向上した。
野手の長瀬楓・天戯弥勒が引退、投手の樹多村偽改が名無し化しチーム力は大幅に低下した。
今年は厳しい戦いが予想される。

せれそん 楽天打線の要。パワー・ミートは高いが走力はない。
この選手は是非マークしておきたい。
クーンズベリ 昨年は12勝8敗と遂に開花した。能力が非常に高い本格派投手。
対戦では避けたいところ。
新戦力として投手二人・野手一人が入団。数年後には戦力が充実してくるだろう。
Aクラス入りが目標。

moemoe 昨年45本塁打と衰えを全く感じさせない活躍ぶり。
一番PANDA・二番moemoeのコンビは非常に強力。
オズワルド 能力が徐々に上がってきており、エースとしてチームを引っ張る。
防御率の割に昨年は勝ち星には恵まれず、今後の活躍が期待される。
投手陣の層が薄く、チーム防御率が安定しない。
野手陣は中々の陣容を誇る。投手陣を強化すればAクラス入りも近い。





最終更新者: シャウエッセン
最終更新日時: 2010年05月22日 00時37分03秒
通算訪問者   -
今日の訪問者  -
昨日の訪問者  -


過去他球団考察
他球団考察~第279回(西武)
他球団考察~第269回(西武)
他球団考察~第259回(西武)
他球団考察~第249回(西武)
他球団考察~第240回(西武)
他球団考察~第232回(西武)
他球団考察~第226回(西武)
他球団考察~第217回(西武)