パワパーク@Wiki 西武の軌跡


{ 西武優勝への軌跡
第286回シーズン

日本一

他球団の弱体化もあり100勝の大台にのせての優勝。
勢いそのままにクライマックスシリーズ、日本シリーズを制す。
チームの支柱であるツキノワ氏が名無し化したことは残念だが、
wiki協力者も多く、チーム内の雰囲気は良い。
投手陣が健在のうちに優勝を積み重ねたい。

第285回シーズン

得点率上昇

なんとオリックスを退いての2位に浮上。
ふらお1stの加入や若手の成長もあり得点率は4を超えた。
20勝投手を二人擁している投手陣は相変わらず強力で、
主力が軒並み退団するまでに優勝したい。

第284回シーズン

転落

楽天の急浮上により4位に転落してしまった。
得点率2.5は深刻であり、移籍による戦力補強が望まれる。
投手陣は好調。先発陣には防御率1点台の選手を4人擁している。

第283回シーズン

定位置の3位

聖・弐式の加入により若手が多い野手陣に厚みが増した。
野手はこれからの選手が多く、成長段階である。
投手は先発に再転向したシャウエッセンが抜群の安定感を見せた。
野手の成長が望まれる。

第280回シーズン

3位止まり

今期は木内祐佳里選手の引退により得点力と本塁打数、打率ともに
大幅に落ちてしまった。良かったのは防御率と失策数だけだった。
防御率がいい投手は結構いるが2桁勝利した投手が2人しかいなかったのが痛かった。
今期も3位だったが2位のソフトバンクとは差は歴然としていた。

第279回シーズン

3位止まり

今期はkid選手などの活躍があったが他の選手がいまいちだった。
得点力と打率ともに前回より遥かに下回った。
4位のロッテに0,5ゲーム差だった。
今期はかなり課題を残すシーズンとなった。

第278回シーズン

2位浮上

今期も小笠原晶子選手やkid選手などの活躍により、3位だったが2位の
ソフトバンク1,5ゲーム差だった。
クライマックスシリーズはソフトバンクにはなんとか勝ったが、
オリックスには、3連敗と力の差を思い知らされた。

第277回シーズン

成長

今期はブランク最高級選手が移籍し投手力が落ちると思われたが、小笠原晶子選手やkid選手などの
すばらしい活躍により落ちるどころか前回より格段に上がった。
チーム全体の成績は盗塁数以外すべて良くなった。
今期はクライマックス進出もできチーム全体が成長してきている。
来期こそは日本一になりたい。

第276回シーズン

打不伸投伸

今期は四季映姫選手とのトレードで入団の木内祐佳里選手とSB太郎選手が移籍入団した。
だが、得点力はあまり変わらなかった。
一方、投手陣は小笠原晶子選手が防御率1点台という快挙などかなり伸びてきている。
今期は4位だったが来期はクライマックス進出に期待がかかる。

第275回シーズン

急降下

今期は主力打者の霧雨魔理沙選手も日ハムに移籍退団。
野手の人数が6人になってしまい得点力が前回以上に落ちている。
だが、投手陣がブランク最高級選手の移籍入団によってか、予想以上の働きをした。
投打が噛み合わなく、5位に終わった。

第274回シーズン

低下

今期は4番に座っていたmoemoeが日ハム救済のため移籍退団。
幕府がドラフト入団したので人数は変わらないが得点力は確実に落ちている。
それでも野手陣の戦力はリーグ内でも高いので野手成績は期待が出来る。
投手陣は若い年代の選手が多く成績を計算するのは厳しいところ。
それでも全体の制球力が上がっているので来期以降は活躍するだろう。

第273回シーズン

投打伸

タイトルこそは取れなかったがmoemoe選手がチーム内4冠とすばらしい活躍だった。
クリーンナップの3人も本塁打30本以上とすばらしかった。
一方の投手陣は先発のはる選手が2桁勝利こそしたが防御率が散々で他の先発陣も散々だった。
だが、中継ぎ陣は小笠原晶子選手を中心に安定していた。
投打ともに伸びてきているので日本一も時間の問題か!

第272回シーズン

打高投低

ソフトバンクから移籍してきた四季映姫選手が首位打者獲得、加えて3割打者が5名、
二桁本塁打が6名と野手のレベルはパリーグ上位。
一方の投手は防御率が名無しの抑え以外3点以上と安定感無し。
それでも投手の人数が増えてきているので期待大。
課題はスタミナか。

第271回シーズン

着々

moemoe選手が2期連続のMVP選出、加えて3割打者が3名、二桁本塁打が6名と野手のレベルが高くなっている。
一方の投手は全選手が5年以下なので防御率2点台が1名とやや不安定。
それでも今いる有人投手の制球が高く、伸び白十分なので今後に期待か。
野手陣に勢いがある今の状態。投手の働きに全てがかかっている。

第270回シーズン

投壊

今期は打撃の主軸、moemoe選手の4割50本30盗塁という超人的な活躍が目立った1年だった。
それ以外の打撃陣も、有人選手は全員.250越えと真価を発揮したシーズンだった。
しかしそんな野手の活躍とは対照的に、投手は物足りない成績だった。
中継ぎ陣は特に酷く、防御率2点台の選手がいない不安定な投球だった。
ルーキーに頼っているうちは日本一は難しいだろう。







最終更新者:Kid
最終更新日時: 2010年05月15日 01時39分39秒
通算訪問者   -
今日の訪問者  -
昨日の訪問者  -