バトルROワイアル@Wiki 008


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

008.悪人と


 あれから、どれくらい経ったのだろう。
 一時間かもしれず、あるいは五分と経っていなかったのかもしれない。
 時間の経過は、ずっと蹲っていた彼女には、よくわからなかった。

 涙は、枯れない。今も尚、流れている。
 死の匂いがする法衣の生地が、涙で黒く湿っていた。

「おい」

 誰かの、声。♀プリーストは、顔を上げた。
 そこには、一人の男の姿。木漏れ日が逆光となり、大まかな輪郭しか見て取れない。

 嗚呼。私は、ここで人生を終えるのか。
 確信にも似た想像。剣が、光に照らされて輝いていた。

 それは、男が女の頬に、直刃の抜き身。ツルギを突き付けている光景だった。
 片や、酷く目つきの悪い、顔に火傷のある男。♂ローグ。
 片や、目を閉じると、胸の前で手を組んだ女。♀プリースト。

 それは、静かな、光景だった。

 男の手に握られた剣。その切っ先は、女に触れいて。
 紅い血が、その頬からは、薄く流れていて。

 しかし、それでも女は、祈りの姿を取ったまま、身じろぎもしない。
 …あるいは、それは唯の諦めであったのかもしれないが。

「…おい」

「はい。何でしょうか」

 静かな、声。

「なんだって、俺に抵抗一つしようとしない?」

 一言、男は言う。

「そりゃ、諦めか?普通、叫ぶなりなんなり、やりようがあるだろ。
そもそも、この期になって、何で祈ってなんていやがるんだ?」

 言い終えて、男はぺっ、と足元に唾を吐いた。

「それは……そうかもしれません。でも…」

「…なんだよ」

 問われ、女はゆっくり目を開く。じっと、男を見つめた。

「苦しい時だから、余計お祈りしたいんです。そういうものじゃないですか」
 何となく…ですけど、と付け加える。あいまいな顔で、プリーストは男に笑いかけた。
 何故、こんな言葉が口をついて出たのか。半分は自棄になっていたのかもしれない。

 男は、ツルギを下げない。

「自分だけ助かりたいってか?」
 とんだプリーストも居たもんだと、ローグはせせら笑う。

 女は、むっ、とした顔をする。

「違います。そうじゃありません」
 祈るとするならば、その願いはたった一つ。

「じゃあ、なんだよ」

「それは…」

 女の言葉をさえぎって、悪人は口を開く。
 唇を歪め、下卑た笑みを浮かべてみせる。

「皆が助かりますように、ってか?手前だって、そこまで馬鹿じゃ…」
 ねえだろ、いくらなんでも。言いかけて、ローグの口が止まった。
 見ると、目の前で♀プリーストの口も、何か言いかけて止まっていた。
 その目は、びっくりした様に、彼を見ていた。

 そして、その大きな瞳は語っていた。
 『どうして、言おうとしたことが判ったのか』と。

 Int1クラスの大馬鹿が、彼の目の前にはいた。

 木の葉が、落ちる。

「あ、あのっ!」
 自身が傷つくのも躊躇わず、プリーストが慌てたような素振りを見せる。

 ツルギが、かちゃり、と鳴った。その切っ先が、1mmだけ、より深く食い込む。

「………チッ」
 …不意に、ローグが、実に嫌そうな顔で、舌打ちをした。

「あっ…」

「手前ぇの馬鹿さ加減に、毒気抜かれちまった」
 呆けたように、男を見ているプリーストに、吐き棄てるように言う。

「助けて、頂けるんですか?」

「馬鹿野朗!! 助けたんじゃねぇ!! 手前みたいなInt1馬鹿は、わざわざ殺さんでも
すぐにおっ死ぬから、手間省いただけだ!!」

 ビクン、と怒鳴られて、プリーストが震える。

「ケッ。そんな様じゃあ、ワザワザ殺してやるのも面倒臭ぇ」
 淀みなくツルギを鞘に収めると、両手をポケットに突っ込み、男は背を向ける。

「あ…あの…」

「何だよ?」

「お優しいんですね」
 ぽつり、と言う。或いは、反れもまた、唯の勘違いに過ぎないのかもしれないけれど。

「……」
 男は、答えない。
 木々の合間に消えていくその背中も、何も語ろうとはしなかった。


<♂ローグ ツルギ、一個獲得 小箱の中身不明>

戻る 目次 進む
007 目次 009
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|