乱れ撃ち読書録@chipmunk1984 エニグマ 上
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エニグマ 上


amazon plugin Error : amazonから画像データを取得できませんでした。時間をおいて再度実行してください。また、image=(画像URL)パラメーターを利用することで、画像データを取得せず表示することができます。
: エニグマ 上
著者: マイクル・P・キュービー=マクダウエル (古沢 嘉通訳)




<イメージをクリックするとamazonに進みます>

紹介

地球はいま空前の規模で星々に船を送り、異星探査計画を推進していた。今日もまた百数十年に及ぶ調査を終えて巨大宇宙船が帰ってくる。だが彼らの最大の謎は深まる一方だった。先々で発見されるのはすべて人類と寸分たがわぬ種族ばかり。しかも皆、地球人を“祖先”と呼んだのだ。太古の銀河に一体何があったのか?宇宙に魅入られた青年は計画に身を投じる。本格宇宙SF!

評価

評点:★★★☆☆ ( 6/10点)
(この評価は上下巻をあわせた評価です)
訳者があとがきで(半ば自嘲的に?)『と書くとまるでハインラインみたいだが,おそらく実際に読んだ印象は相当異なるだろう.SFの定石に沿いながら,それをどんどんはずしていくというのが,キュービー=マクダウエルのおとくいの手法なのだから』と書いているのが全て.面白い設定の世界に広がる謎が展開しており,導入から半ばまでは主人公ザッカリーの成長と共に楽しく読み進めることができます.ところが物語が進むにつれ謎は解かれずハナシはだんだんトンデモになって…….三大巨匠のおおらかな時代ではなくちょっと捻った展開が必要な現代SFというのはそういうものだといわれれば仕方ないですが,せっかくの上質なSF設定を後半どんどん崩壊させて最後には神様が出てくる展開には正直ついて行けません.最後の方は読み進めるにつれてどんどんつまらなくなるという珍しい作品です.

おまけ