※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

11/23(水)『事例Ⅱ』

1. 事例企業の現状(「SWOT分析」)を把握し、

2.「現在のマーケティング戦略」を分析し、

3. 「あるべき姿」または今後の「事業の方向性」を議論し、
4.『課題』を抽出し、

5.『解決策』を考えよう!

1.SWOT分析」設問文にも与件文の要素あり

 ●強み
  ・顧客が真に安心して任せられる技術力

  ・ファッションの夢に浸れる憩いの提供
  ・誠心誠意顧客の立場に立った、信頼に裏打ちされた
   人間関係
  ・従業員と経営者との蜜なコミュニケーション
  ・地域に密着した経営体制によるロイヤリティの高い顧客
   の存在

 ●弱み
  ・特になし
 
 ●機会

  ・地下鉄が開通(開業15年後)--人口増加
   --支店2店開業--多店舗展開始める
   
  ・入院中のお客さんがわざわざ外泊の許可をとってきた
   --出張美容サービスを思い描く
  
 ●脅威
  ・人口増加による競合店の出店(特に低価格)  
  ・人口の伸び止まり
 

2.「現在のマーケティング戦略」
   ・本店:良質なサービス - 完全予約制 - 付随サービス
       - ゆったりとした雰囲気
   ・支店:本質的なサービス- 予約制なし- 付随サービス軽減
       - カジュアルな雰囲気 - オートシャンプー 本店の技術と信頼
        の影響を受けている
  ・プロモーション: 手作り会報「時わすれ」 - 口コミ - 
        ポスティング(支店対象)-既存顧客との関係を大切にしている-
       -顧客管理コンピュータ化してカルテを作成しRFM分析しDM発送
       -物販
  ・掲示板を備えたサロン--顧客同士の情報交換のツール

3.「あるべき姿」あるいは、「事業の方向性」
 ・新市場開拓による多角化戦略
  ---今後本店エステ導入・出張美容サービス導入により
    顧客層の拡大を狙う   トータル美容
  (新商品サービスを新市場に・・・アンゾフの多角化戦略)

4.『課題抽出』
  ・新規顧客獲得

  ・既存顧客との関係をさらに強化
  ①---既存の本店と支店の2つの異なる業態の特徴を活かした

     相乗効果を発揮させるためには
     どのようにしていくべきか?
  ②---インターネットで顧客との関係を強化させるための
     有効な方策は?

5.『課題解決策』
 ①より、支店にない付随的サービス(着付け・ネイル・エステ)
     を求める顧客を本店へ誘導する。
     支店を対象にしていたポスティングを本店も対象に
     する。

     支店で新規顧客を刈り取り、本店で育てる。

 ②より、・掲示板の活用・・・サロンの掲示板に加え、
      より顧客同士の情報交換のツールを活性化させる。

     ・電子メールの活用・・・DMの代わりに来店促進に
      つなげる。メールによる双方向の相談・問合せにも
      活用する。

     ・ブログの活用・・・従業員のブログを立ち上げ、
      顧客との関係を構築。