M1978 170mm自走加農砲「コクサン」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



性能緒元
重量 40トン
全長 14.9m
全幅 3.27m
全高 3.1m
エンジン ディーゼル 520hp
最高速度 40km/h
航続距離 300km
武装 170mmカノン砲×1
最大射程 通常弾:40km、RAP弾:60km
発射速度 1~2発/5分

M1978 170mm自走加農砲「コクサン」は、1978年に北朝鮮の谷山(コクサン)郡で確認された北朝鮮国産の自走砲である。M1978は確認された年、「コクサン」は発見された場所を表すアメリカのコードネームであり、北朝鮮では「チュチェ(主体)大砲」と呼ばれているとの説がある。

M1978はT-54/55もしくは中国製59式戦車のシャーシに、長砲身の170mmカノン砲をオープントップ方式で搭載している。170mm砲は車体中央部のレール上に配置されており、走行時には車体中央に配置される。車体前方には砲身を支える為のトラベリング・ロックが設けられており、走行時に砲を固定する役割を果たす。

車体尾部に装着している砲の反動を吸収するためのスペードが二基追加装備されている。砲撃時には、スペードを接地し、砲を車体後部に移動して射撃の反動を吸収する様にしてから砲撃を開始する。

M1978に搭載された170mmカノン砲は、1950年代にソ連が北朝鮮に供与した沿岸砲がベースになっているのではないかと推測されている。この170mm砲は通常砲弾で40kmの射程を有する優れた能力を有していたが、対艦ミサイルにより更新された。余剰装備となった170mm砲を自走砲の主砲として転用することで、長射程・大威力の自走砲を得ることに成功したといえる。ただし巨大な170mm砲を搭載したことで、予備砲弾や兵員を搭載するスペースはほとんど無くなり、砲弾や操砲要員は別の車輌によって輸送されることになる。

M1978は後継のM1989「コクサン」170mm自走カノン砲とともに合計6個大隊(530門)が配備されている。M1978/M1989の射程は、38度線の軍事境界線以北から直接ソウルを攻撃可能な能力を有しており、韓国軍にとっては無視できない存在となっている。

M1978は1980年代にイランに20両が輸出されており、一部がイラク軍に捕獲されイラク戦争後にアメリカ軍により発見されている。イラン軍ではその最大60kmに達するとされる長射程を生かして、クウェ―ト北東部の油田に対する散発的な砲撃に使用されたとの事。

▼砲撃訓練を実施するM1978。射撃時には砲架が車体後部に移動しているのが確認できる

【参考資料】
[1]Jane's Land-Based Air Defence 2006-2007(Jane's Information Group)
[2]North Korea Country Handbook(MARINE CORPS INTELLIGENCE ACTIVITY/1997年)
[3]軍事研究1994年9月号別冊 軍事分析第2次朝鮮戦争(ジャパン・ミリタリー・レビュー/1994年)
[4]北朝鮮軍の全貌(清水惇/光人社)
[5]Global Security
[6]JED The Military Equipment Directory


2013-05-01 23:00:45 (Wed)