パワパーク@Wiki 来期の展望(ソフトバンク)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



268期

< 野 手 >
■パでは突出した打線ではあるが、セと比べるとやや物足りない感じも・・・
■若手が増え行く中繋がりが肝心になる。
< 投 手 >
■若手中心の先発陣、王、NO-LIAN、原口辺りがゆっくーんが抜けた中どう後ろまで繋ぐのか
■セットアッパーにはむねみっさんⅡ、一休、スーパー名無しスティーヴと能力の高い3人が並んでいるのだが
接戦でクローザーまで持ち込んでしまうと、相手にやや分があるだろう。

<チーム>
■有人選手の数が安定しないこともあり、世代交代に不安が残る。
■パ界では突出した力をまだ維持しているが、昨シーズンの日本Sでもわかるようにセに対しては力負けしているだろう。






267期

< 野 手 >
■パ唯一の得点率5点台をマークするなど、若手も上手く機能しており、打線はパ界髄一
■ただニョロボⅡの引退により、決定打不足が免れないかもしれない

< 投 手 >
■2本柱が引退し、ゆっくーんが投手陣を引っ張る形
■若手がなんとか及第点のラインで投球を続け、セットアッパーがなんとか繋ぐ形だが
若手が育てば黄金時代もあり得るだろう。

<チーム>
■序盤は投打が全く噛み合わず、完全に出遅れていたが
持ち直してからは>只管突っ走り首位独走結局102勝をあげたのだが
■CSではまさかの最終戦までもつれ込み日本S進出を逃し来期への課題を多く残した。

260期

< 野 手 >
■260期もベテランを中心に活躍している。下位打線側の若い選手たちも着々と力をつけている。来期だけでなく将来の打線は安定すると思われる
■打率も高く、調子が悪くても大事な場面で打てているのが大きい。これを続けてくれれば来期以降も安心だろう
■守備も堅く74試合終了時点で無失策というすばらしさを誇っている。今後の活躍に大いに期待できる。

< 投 手 >
■先発投手陣は全員が2点台以内に抑えていて勝率が高い。今後のCSでも重要な力となるだろう。今期も先発全員に二桁勝利を期待。
■中継ぎ陣~抑えは人手が少なく、大変ではあるが、先発投手の抑えたところをおおむねつないで抑えている。
■来期からの投手陣は全体的に成長し力が上がるだろう。

<チーム>
■前回は日本一に輝き、今期も非常にパ・リーグをダントツで首位を走っている。とても力強くなっている。
■来期だけでなく、あと数期は今の状況を保てそうだ。今後のチームの成長と活躍に大いに期待できる。
wiki は選手の成長を左右する育成にとっては重要な事である。 S評価を続けチームを再建しよう。


259期

< 野 手 >
■259期も上位打線を中心に打率が高く、好調さを維持している。
■また、この好調さで259期はチームの首位に大きく貢献している。来期までは維持できそうである。
■守備面でも258期より堅くなっている。258期と比べて、確実に成長していて各選手が強くなっている。今度の成長に期待。

< 投 手 >
■先発投手陣は、名無しを下げ、全ての投手が結果を出している。259期は二桁勝利投手が全員でそうだ。V奪回に向け、力を注ぐ。
■中継ぎ陣も名無しがいる中でもとてもよい成績を出している。今後にはなくてはならない存在でもあるだろう。
■投手は全体に現時点でチームの防御率が2点台前半とかなり安定している。今後の成長がチームにとってかなり重要なものになるであろう。

<チーム>
■258期ではV2ならずという悔しい結果に終わったが、。それをバネにチームが一丸となって、忙しい中でも協力をし合っている
これにより、今期は非常に好調であり、再び日本一を狙う。
wiki は選手の成長を左右する育成にとっては重要な事である。 S評価を続けチームを再建しよう。


258期

< 野 手 >
■258期も上位打線は打率が高く、チームに十分貢献している。各選手の能力upも著しいものである。
■中軸から下位打線もミート率が高く好成績を残している。今後はチームの支えになるであろう。
■守備は258期も現状無失策というすばらしさ。堅い守備がチームを支える。この先の上位争いでは大きく結果が出るだろう。

< 投 手 >
■先発投手陣は入れ替えもあったが安定している2桁勝利投手が4人出るかもしれない。V2に向けての大事な柱となる投手たちだ。
■中継ぎはかなり成長し、防御率とてもよい。安心して抑えへまわすことができる。重要な最強中継ぎ陣といえるであろう。

<チーム>
■257期ではCSから日本シリーズまで全勝と堂々の日本一に輝いた。258期も日本一を狙う。
■更に、チームの人事が足りなくとも、全力でチームワークを固めている。この調子でホークス黄金時代を再興させたい。
wiki は選手の成長を左右する育成にとっては重要な事である。 S評価を続けチームを再建しよう。

257期

< 野 手 >
■上位打線は打率も高く、若い力も上昇してきている。257期の残り勝負ではかかせないだろう。
■下位打線は上位打線と比べて良いとはいえないが、着々と力をつけ、大事な部分での活躍を期待したい
■守備のほうは、失策が現時点で3つだけというすばらしさで安定している。今後も成長すると守備が堅くなるであろう。

< 投 手 >
■先発投手陣はほぼ安定している。名無しを除けば、好成績を残している。また、残り試合での勝負では、勝負強さを見せ付けてくれるだろう。
■中継ぎ陣はほぼ安定しているが、まだ防御率が少々高めではあるが、今後の成長とともにかなり安定するであろう。
■しかし、抑えは今後危ないので、抑え担当が決まらない傾向が見られている。

<チーム>
■257期は256期での4位という悔しい成績をバネに上位争いを繰り広げている。
■257期は4位までが上位争いを繰り広げており、各選手たちの団結力が今後の展開を左右するだろう。257期こそCS出場とV奪回を狙う。
wiki は選手の成長を左右する育成にとっては重要な事である。 S評価を続けチームを再建しよう。

256期

< 野 手 >
■上位打線は各打者ミートが高く、打率もおおむね安定している 今、打率の低い選手でも能力的に今後さらに上昇すると見られるだろう。
■下位打線のほうは、1割台が多くながらも、まだ若く、今後の成長と活躍に期待したい。 
■更に、平均的に256期は守備力にも力を入れている この先も堅い守備を維持していってもらいたい。

< 投 手 >
■先発投手陣は全体的に不安定 しかし、256期は少しずつ波に乗りつつあるため、3位争いに大きく影響与えるだろう。
■中継ぎ陣は255期の抑えが中継ぎにまわり、安定すると思われたが、総合的にかなり不安定といえるが、残り試合できちんと役割を
達成してもらいたい。
■抑えは、新入団の投手が担当。1年目なので、不安定ではあるが、能力的に今後正式な抑えとして期待されるであろう。

<チーム>
■256期は前半出遅れ、一時5割に復帰したが、その後連敗を重ねBクラスの4位に留まっている。
■成績上では、まだまだ後半での巻き返しで3位以内に入れる可能性はある。256期も最後まであきらめない気力は来期以降につながるものであろう。
wiki は選手の成長を左右する育成にとっては重要な事である。 S評価を続けチームを再建しよう。 

255期

< 野 手 >
■上位打線は3人とも3割としていて、問題はないと見られる
■そのほかの打者も2割台ではあるが、バランスがよく、チームに貢献している 255期からソフトバンクの打線は成長しつつあり、
楽しみと同時に今後ともチームへの貢献に更に期待したい

< 投 手 >
■先発投手はベテランを先頭に全員とても安定している 255期の今後の上位争いに非常に影響を与えると思われる この調子なら、後のソフトバンクの柱となるだろう。
■中継ぎは目標の防御率3点台前半をおおむね達成している 抑えも定着し、255期の安定したピッチングに期待したい。

<チーム>
■前期は23連勝という絶好調査を見せ付け、首位を独走している。団結力も高まっていることが、255期の好調さのあらわれであると思われる
■ソフトバンクのチーム復興 再び黄金時代を築くべく、人が少ないものでありながら、255期を境に日本一奪回を狙う
wiki は選手の成長を左右する育成にとっては重要な事である。 S評価を続けチームを再建しよう。


総合 - 今日 - 昨日 - 最終更新日: 2009年12月30日