パワパーク@Wiki 215総括


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


215期リーグ戦総括

今期活躍した選手&各球団の総括

-西武-

注目選手 apple 1番打者に相応しい能力。打率も2割後半と中々のもの。まだ6年目と若いのでさらなる成長が見込める。
原田巧 間違いなく西武優勝の原動力の一人。今期は通算100勝を達成し、チーム内では四冠王に輝いた。年数こそ多いが年齢は若いので5期は成績を維持できそうだ。

総評
最近は即戦力の新人や移籍選手が多数やってきた。そのせいか数期前は弱小だったが今では優勝争いを繰り広げ、今期は優勝の栄冠も勝ち取った。全体的に若い選手が多いので、黄金時代に突入しそうな勢いだ。

ロッテ

注目選手 桃ノ花ビラ 3年目にしてはなかなかの能力。ロッテの徹底した俊足巧打型の政策に沿い、年相応の成績を残す。今後化けそうな選手である。
コスギⅥ 今期は14勝を挙げ、防御率も2点台と才能を如何なく発揮。しばらくは好調が維持できそうだ。

総評
俺ぺナ3型の野手は俊足巧打、投手はコントロール重視の必勝態勢を取る強豪。だがパワーを捨てているせいか上位チーム内で唯一の得点率3点台に終わる。やはり主砲が必要か?

-楽天-

注目選手 安打ーソン.jr 7年目のアベレージヒッター。今期は打率2割9分台とチーム不調の中気を吐いた。1番を打っても全く問題ない能力。
MARRY 軟投派のベテラン。どうやっても劣化は避けられないが今期は防御率2点台、2桁勝利を記録。来期もこの成績を維持できるか見どころだ。
総評
打線的には上位にいてもおかしくはないが投手陣の崩壊で惜しくもクライマックス出場を逃す。若手選手が多いのでこれから脅威となる可能性大。

オリックス

注目選手 30歳目前の3番打者。高いミートとオールラウンドな能力でチームを牽引。しばらくは高打率を維持できそうだ。
中里 4年目の現中継ぎエース。6敗こそ喫するものの防御率は2点台と中継ぎエースの面目を保つ。中継ぎはみんな若いのでしばらくは中継ぎエースとして君臨しそう

総評
打線はベテランを中心に良くなりつつあるものの先発投手陣がパッとしない。若手が多すぎるのか?

日本ハム

注目選手 ポケモン代表 打率は2割に届かないものの14本の本塁打を記録。だがチーム絶不調のため活躍は目立ちそうにない。
まさと 若いながら中継ぎエースといってもいい活躍を見せた。2年目とまだまだ成長しそうなので警戒が必要か。

総評
能力的には悪くない選手もいるものの名無しの量が致命的。再起にはまだまだかかりそうだ。

-ソフトバンク-

注目選手 結婚詐欺師 3年目ながら打率2割9分、本塁打28本と若手とは思えない成績を残す。要注意選手になりそうだ。
munemitsu 8年目25歳の中堅選手。今期は2桁勝利、防御率も3点台前半と見事な活躍。今期不調だった杉内3選手の後釜となれるか?

総評
今期は打線のつながり、先発投手の活躍で見事クライマックス出場を果たした。若手選手の能力が高めなので脅威の的となることはほぼ間違いないだろう。

-リーグ戦を終えて-

全体の総括
やはり各チームの戦力差が気になる。特に日本ハムは名無しの数が登録選手数を超える勢いだ。さらに新規登録者が人の多い所に集まるため連鎖は止まらない。まだまだこのあたりは改善の余地がありそうだ。一方上位陣では方針の違うチーム同士が争うことが多くなり、ますますクライマックス出場争いは激化。これからますます面白くなっていくのは間違いないだろう。

215期前半戦総括

前半戦に活躍した選手&各球団の総括
記入例
チーム 選手名 ポジション コメント

-西武-

注目選手 mokemoke DH あと一息で3割に達する。HR・打点ともに去年を大きく上回りそうだ。後半戦でどれだけ活躍できるか。
ts 西武の生え抜きエース。優勝以来ずっと好調を保ち続けている。特に防御率の良さが目立つ。多彩な変化球と直球で相手を押しのける。

総評
若手が揃っている西武。wiki効果は凄い。5年目でいきなり3割に乗せたり、それまで6点台防御率の投手が2点台になったり・・・・。具体例はたくさん出てくる。これからは中継ぎ陣の強化につとめ黄金時代を築きたい。

ロッテ

注目選手 huaⅣ+ トップバッターで高打率を残している。どの数字を見てもバランスがとれている。後の打順がいいだけにこの選手の活躍がポイントだ。
長岡 今まで久々津虎鉄さんに隠れてしまいなかなか脚光を浴びることができなかった。が通算成績は素晴らしいものを持っている。今年は防御率がチームトップ。ベテランの活躍に期待したい。

総評
優勝候補筆頭だったロッテだがなかなか浮上のきっかけがつかめていないようだ。投手陣は中継ぎがしっかりしているがスタミナ不足。打線は一発屋が欲しいところだ。頼れるベテランがチームを救えるか見物だ。

-楽天-

注目選手 ベンダーソン 3番を打つアベレージヒッター。去年同様こつこつヒットを積み重ねる。後続が打つのでこれからその姿勢を崩さずやって欲しい。
上杉克也 エースの活躍がチームを盛り上げている。他の投手と比べると遥かに違っている。ただ年ということもありこの投手が抜けると想像がつかないことになるだろう。

総評
次につなごうとする打線の姿が見られる。投手陣では防御率が高めである。短期決戦に強いのでクライマックスシリーズはキケンだ。

オリックス

注目選手 あまのじゃく DH 2年目ながら長打力をアピールしている。打線が衰えてきているので未来の主砲は彼がとりそうだ。
楯岡藍子 自慢のパームと経験が売りの大投手。彼以外の投手は若いので育つまで何とか投手陣の手本となって欲しい。

総評
貧打が目立つ。打率が3割を超えるバッターがいない。投手陣は若手中心なため防御率が若干高い。ただ若手の活躍も見られるので期待はできる。

日本ハム

注目選手 選手不在のため不可。
日本代表. 以前2桁勝利を収めたサブマリンが1勝にとどまっている。野手が居ないため仕方ないかもしれないがどうにか日ハム再生にこぎ着けて欲しい。

総評
チームが崩壊状態。原因は野手の名無し化であろう。そのせいで投手陣の悪化につながった。さらにwikiがDと悪循環。日ハムをどうにかして立て直す再編計画を立てて欲しい。

-ソフトバンク-

注目選手 星空散歩Ⅲ あと少しで4割。以前もとっているだけに記録更新を期待する。この人のヒットに打線が続いている。塁に出さぬよう細心の警戒が必要。
杉内3 ホークスの現エース。去年に比べると段違いの数字を残している。防御率を2点台に乗せれるかが後半のカギになる。

総評
現在3位。打線がつながっている。先発も揃っている。しかし活躍を期待していた選手たちが名無し化してしまったために後少しという結果になっている。後半は中継ぎ陣の防御率が安定さえすればクライマックスシリーズは間違いないだろう。

-リーグ戦を終えて-

全体の総括
全チームを見て思ったのだが、投手陣のスタミナ不足が目に余る。そのため、打線がいいところは得点を重ねている。防御率がいいところはスタミナがあるところだろう。しかし日ハムは引退などの名無し化によりチームが崩壊状態にある。これは球界でどうにかしなければならない問題だと思う。混戦にならなければおもしろくならない。結果よりもこちらの方がパ・リーグとしては問題だと思う。

ページ保存:猪狩攻