※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

とりあえずゆっくりでも間違ってない腹式呼吸ができるようになったら、いよいよ筋トレ。呼吸を繰り返します。
ポイントは
  • sやzの子音を使って呼気にしっかり重い抵抗をつける
  • 変なところに力が入らないように気を配る
  • 変に力んだらいったんやめて体をぶらぶら振ってからやりなおし
  • のどに負担がかかる方向にする必要はない
  • 下腹部(へそ下3寸、丹田とよばれるところ)に意識を集中
  • 体の筋肉の動きとしては歌っているときのイメージで
  • 吸気は脱力のみで対応。力を使って吸ったりしない。
  • 毎回の吸気での脱力が間に合う範囲で早く
  • できるだけ長時間(数分)繰り返し続ける
  • 音楽的にやる
数分やると、下腹部の筋肉がちょっと辛い感じになるかもしれません。その程度の負荷がかかるところまでやりましょう。

たぶん一人暮らしの人は隣近所に迷惑を掛けることなくできるトレーニングです。身近に知り合いがいる場所でやるとあやしいです。電車の中でもできますが、かなり怪しい人になります。食後すぐはつらいです。毎日とまではいいませんが、時々やってみてください。所詮数分です。いろんな意味で役に立ちます。