乱れ撃ち読書録@chipmunk1984 ファウンデーションと地球 下
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ファウンデーションと地球 下 (銀河帝国興亡史5)



書名: ファウンデーションと地球 下
著者: アイザック・アシモフ(岡部 宏之訳)




<イメージをクリックするとamazonに進みます>

紹介

盟友ペロラット、ガイア人の女性ブリスとともに地球を探す旅に出たトレヴィズは、まず最初に惑星コンポレロンに向かった。地球に関する記録がことごとく抹消されている中で、その星にだけは地球の伝説が残っているというのだ。わずかな手がかりをもとに、コンポレロンからオーロラ、ついでソラリアへと探索を続けていくトレヴィズ一行が、やがて見つけた地球の姿とは……?圧倒的な人気を誇る巨匠の傑作シリーズ第五弾

評価

(この評価は上下巻をあわせた評価です)
評点:★★★★★ ( 9/10点)
読み進むうちに『????』.そして最後に『!』.かくしてアシモフ作品中の最高傑作はアシモフ作品全ての到達点になります.もちろん,トレヴィズの『直感力』とかご都合主義的な面もありますが,それを越えた楽しさがこの作品にはあります.できればアシモフのメジャーな作品は読んでからここに来ていただきたいと思います.素晴らしいゴールがここにあります.

おまけ