乱れ撃ち読書録@chipmunk1984 継ぐのは誰か?
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

継ぐのは誰か?


amazon plugin Error : amazonから画像データを取得できませんでした。時間をおいて再度実行してください。また、image=(画像URL)パラメーターを利用することで、画像データを取得せず表示することができます。
書名: 継ぐのは誰か?
著者: 小松 左京




<イメージをクリックするとamazonに進みます>

紹介

「チャーリイを殺す」――ヴァージニア大学都市のサバティカル・クラスの学生達に送られてきたこのメッセージは、単なる殺人予告ではなく,“人類への挑戦”だった!人類の科学技術を超えた手段で攻撃を仕掛けてくる“何者か”を追って,舞台はアマゾンへと移るのだが……。人類は果たして地球の“最終王朝”なのか,それとも“後継者”が現れてくるのか?SF長編小説の傑作.

評価

評点:★★★★☆ ( 7/10点)
ミステリー形式で進む長編SF.メインテーマとなる人類を超えるものの設定や最終的な解決(?)へのストーリーは今となっては若干古くさく,結末も拍子抜けするほど簡単にストーリーを収束させてしまっていてやや単純すぎるかなと思わせるところもありますが,それを認めた上で,時代を先取りした名品だと言うことができると思います.
何より素晴らしいのは,この作品の舞台となっている世界が,まるで21世紀の現代ネットワーク社会そのものだと言うことです.この作品が発表された1960年代の後半にこれだけのヴィジョンを持っていた小松左京の慧眼にはただただ感服するばかりです.いくつか欠点もありますが,この世界観を提示しただけでも時代を四半世紀以上先取りしていた名作でしょう.

おまけ