パワパーク@Wiki 第107回ソフトバンク


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

福岡ソフトバンクホークス

      

通算: - 今日: - 昨日: -
   4000到達 ‐ 2006/07/01
   5000到達 ‐ 2006/07/30
   6000到達 ‐ 2006/08/31
   7000到達 ‐ 2006/10/28
   8000到達 ‐ 2006/11/21

  みんなで協力してすばらしいページにしていきましょう!

チーム内外からの皆さんの意見・感想などお待ちしています

  祝!wiki復活!!

第94期~98期までの間、本ページが表示できない状態だったので、その間の編集はすべて省略されています

 ソフトバンク(あけペナ)BBS

・このページについて一言お願いします




チーム状況


◎ソフトバンクの歴史

 第64回まで12球団の中、唯一シリーズ制覇を成し遂げたことがなかったが、第64回でついにシリーズ制覇を果たす。その後は、主力選手が抜け再び低迷・・・
 以前は主力選手がごっそり首位チームに移籍するなどして、なかなか軸となる選手が育たない状況が続いていた。
 打線のほうは好打者が多く一発が少ないのが特徴的だったが、近年はパワー・ミートのバランスが取れてきており、強力な打線が自慢である。守備走塁は際立った点はないが、平均的である。
 第77回ロッテ黄金時代を繋ぎの打線と成長してきた投手陣で、ついに追い詰めるが、残り数試合のところでまさかの連敗。リーグ制覇を逃してしまい、それ以降、いいところまではいくが、あと一歩の詰めが足りず2位というパターンが長く続いていた。
 そして、第90回、日本ハムに僅差で競り勝ち、26シーズン振りの優勝を手にした。
 その後も好調を維持し、日本一こそ連覇は出来なかったが、6期連続でリーグ優勝し、ついに黄金期を迎えた。
 wikiの復活とともに、黄金時代の復活にも期待したい。

◎昨期(第104回)総評

 ここ数シーズン好調を維持していた野手陣だが、昨季は打撃、機動力、守備ともに不甲斐ない結果に終わってしまった。特に打撃はベストテン入りが2人と非常に寂しい結果に。
 投手陣は先発のDarkSnow、覇、疲労困憊。の3選手を筆頭にまとまりのある活躍を見せてくれた。防御率も3シーズンぶりに向上し、すばらしい安定感をアピールした。
 今期は野手の成績が復活し、投打のかみ合いを取り戻せるか。

◎チームランク

wiki 順位 攻撃 走力 守備 先発 中抑 総合
107
106
105
104
103
102
101
100
99
93
92
91
90
89
88
87
86
85
84
83
82
81
80
79
78
77
76
75
74
73
72
71
70


◎第106回 タイトル獲得&ベスト10入り選手

☆野手

選手 作成者 成績
♪萩 コーゾー 盗塁王(49個)
KERORO(DX) 軍曹 野手新人王 本塁打10位(22本)
ヴィンセント2 リック 本塁打4位(25本)
JIN YH 盗塁5位(26個)

☆投手

選手 作成者 成績
疲労困憊。 披。 最優秀防御率(1.45) 勝利数6位(14勝) 奪三振王(165個) オールスター(先)
DarkSnow Snow 防御率6位(2.29) 勝利数6位(14勝) 奪三振3位(137個)
シロ 防御率9位(2.57) 勝利数10位(13勝) 奪三振8位(111個)
中継野郎 Kashiwa セーブ4位(22セーブ) オールスター(中)
めんたま 新めんたま オールスター(中)

◎第106回オフ 選手入退団状況

☆退団
今期退団者はいませんでした
☆入団
野/投 選手/作成者 年齢 状況 利き腕 PW/球速 MT/制球 走力/スタミナ 肩力/変化 守備/球種 特能
投手 陽炎
22歳 ルーキー 147km C
201
E
130

カットボール5
フォーク2



◎過去のページ






選手紹介


ソフトバンク引退選手


◎選手説明


☆野手


ポジ 選手名 作成者 年齢 年数 批評
♪萩 コーゾー 40歳 19年目 ソフトバンク不動のリードオフマンとして活躍している。ルーキーイヤーこそ新人王争いに絡む大活躍を見せたが、その後の数シーズンは目立った活躍を残せず。遠回りした感は否めないが、現在では攻守の要としてチームを牽引する。毎年3割近い打率を残し、出塁率も高い。より足を絡めた攻撃が出来るはず。ここ2シーズンは連続して盗塁王を獲得し、勢いに乗っている。
JIN YH 33歳 12年目 ソフトバンクの守備の要の選手。守備力が最大になり、ショートのポジションについている。打撃にムラあるがはあるが満塁時には強く、ここぞというときの一打を打ってくれる。また、走力もAと足も速いので塁にでると厄介なランナーだ。二番にすわり、その機動力に期待がかかる。機動力の低いソフトバンクの中の足の速い選手なので、活躍に期待がかかっている。
天地英俊 マックス 27歳 10年目 今期新たに移籍してきた。ミートや走力などが高く、主に上位打線での活躍が期待されている。また、守備も上手く、守備走塁が苦手なソフトバンクにとっては非常に貴重な戦力となってくれるはずだ。一年目からその実力をフルに発揮してほしいところ。
鈴木フグオ 浦安 30歳 9年目 同姓同名のソフトバンクの名スラッガー、鈴木フグオ選手の後釜である。入団時からパワー・ミートは非常に高い。まだまだ成長途中なので、特殊能力が付いてくると、一流の成績を残せるようになってくるだろう。最近は、打撃ベストテンにも顔を覗かせるようになり、ようやくスラッガーの風格が付いてきたか。
ヴィンセント2 リック 35歳 14年目 引退したヴィンセント選手に代わり入団した。能力はすべての面において平均的な数値を保つ、ファイブツールプレイヤー。開花するのは遅かったが、アベレージヒッターを取得した辺りからは3割を越える打率を残しており、近年は本塁打数も増加している。今やソフトバンクのクリーンナップを背負うまでになっている。
DH KERORO(DX) 軍曹 23歳 2年目 今期入団した期待の新人。パワーとミートがずば抜けて高く、早くもソフトバンクの将来の手法として期待されている。その圧倒的な打撃力で、新人王を狙う。
アラン ポー 31歳 10年目 西部から移籍してきた選手。すべての能力においてバランスが取れており、何でもできる選手である。昨季は本塁打数がベストテンに入り、長打力にも磨きがかかっている。場面に見合った活躍ができるユーティリティプレイヤーだ。
Y・レズビルロ 蓮琥 26歳 5年目 ソフトバンクの若き大砲。ルーキーイヤーは新人王を獲得した。入団時からパワーとミートが高く、打撃に期待がかかっている。そのほかの能力もバランスよく成長しており、将来どんな選手になってくれるかが楽しみである。
MAXⅢ momo 21歳 4年目 第103回オフから入団した。守備・走塁がよく、現在のソフトバンクの弱いところを補う能力を持っている。しかし、エラーの特殊能力を持っているのが痛手。まずはこれを消去するところから始まる。

☆投手

ポジ 選手名 作成者 年齢 年数 批評
DarkSnow Snow 35歳 14年目 第93回オフに入団した。ルーキーイヤーはすさまじい活躍で新人王を獲得。以後も毎年コンスタントに好成績を残しており、MVPなどのタイトルを獲得。通算防御率は二点台中盤とピカイチ。ソフトバンクのエースピッチャーにまで成長した。まだまだそのすばらしい能力は健在である。今期はタイトルの奪回を狙う。
シロ 41歳 20年目 第88回に入団。スタミナ、コントロール、変化球のバランスがよく安定感が増してきている。速球もそこそこではあるが、変化球で打たせて取るピッチングが得意。超特殊能力を取得してから防御率は安定している。なぜかあまり勝ち星に恵まれていなかったが、ここ数年間はコンスタントに二桁勝利を挙げチームの勝頭に。三度目の防御率タイトルを獲得し、リーグを代表する先発投手に成長している。3シーズンぶりのタイトルを狙う。
yasu 名無し 26歳 9年目 名無しになったしまったので割愛。
披労困憊。 披。 33歳 12年目 MAX156キロの速球と鋭いナックルが武器である。まだまだ特殊能力も少なく、安定度にはかけるが、潜在能力はなかなかのもの。防御率はここ数年安定しており、特殊能力次第では、勝ち星を量産する可能性も。先発、中継ぎと起用法が安定していなかったが、今後は先発に定着すると思われる。昨年は防御率、奪三振の2冠を達成し、一気に大ブレイク。好調を維持したいところだ。
めんたま 新めんたま 29歳 8年目 中継ぎ投手陣の中心的存在として活躍してきたが、今期からは先発に転向することになった。能力のバランスが取れている。キレがよく、変化量の大きい二種類の変化球が最大の武器だ。入団時から安定度は高かった。コントロールが成長してきていて、近年は抜群の安定度を誇っている。
高橋聡 20歳 3年目 引退した三浦選手に代わり入団した。三浦選手と同じく縦に鋭く切れるスライダーは一級品だ。昨年は高卒ルーキーながら先発を任されたが、ここ2シーズンは不甲斐ない成績に終わってしまった。今期は昨季の汚名を返上することができるか。
あり~♪6 まくび~る 23歳 2年目 変化球が武器の若手投手。スタミナ・コントロールはバランスがよく、三種類の変化球を操る技巧派ピッチャー。変化量はまだ少ないが、その球種の多さで勝負する。昨年はルーキーながら中々の活躍を見せてくれた。2年目のジンクスを乗り越えられるか。
陽炎 22歳 1年目 今期から新たに入団した。147kmの速球と、切れの良いカットボールが最大の武器で、打者の芯をはずして打ち取るピッチングが得意だ。ルーキーながらコントロールは中々のもの。将来はリリーフの柱として活躍してくれるはずだ。
中継野郎 Kashiwa 41歳 20年目 その名の通り入団当初から中継ぎを勤めてきた。変化Lv.MAXの3種の変化球を操り、MAX144kmの直球も投げ込む本格派。中継ぎ時代、抑え転向後ともに防御率も高いレベルで残してきており、安定した活躍を見せてきている。ただ若干抑えではセーブ数が少ない。流石に能力の衰えは隠しきれないが、豊富な特殊能力でカバーし、初のタイトル獲得を目指す。


◎能力詳細&昨期成績


☆野手

野手 打席 PW MT 走力 肩力 守備 特能 打率 本塁 打点 盗塁
♪萩 F
122
C
5
B
11
D
7
C
9

.301 21 62 60
JIN D
163
C
5
A
13
A
14
S
15
.275 11 50 48
天地英俊 D
165
B
6
C
10
D
8
C
10
鈴木フグオ A
244
B
6
D
7
C
9
C
10
.294 23 73 5
ヴィンセント2 C
204
B
6
D
7
D
8
C
9
.302 21 80 15
KERORO(DX) B
209
B
6
E
5
E
5
D
7
アラン B
216
C
5
D
7
C
9
C
9
.277 26 70 14
Y・レズビルロ C
201
C
5
D
7
D
7
D
7
.259 13 48 6
MAXⅢ F
127
D
4
C
10
D
8
C
10
0.233 4 29 16

☆投手

投手 速球 制球 スタミナ 変化球 球種 特能 防率 勝ち 負け セーブ 奪三
DarkSnow 147km A
252
A
249

SFF 7 1.86 19 5 0 143
139km C
188
B
209

カットボール6
SFF6
シュート6
1.50 13 8 0 117
披露困憊。 156 km A
237
B
226

ナックル 7 2.96 11 7 0 130
yasu 149km D
178
A
234

スローカーブ6
Hスライダー4
SFF 7
3.54 13 14 0 122
三浦 140km D
163
C
204

Vスライダー5 6.45 5 14 0 73
陽炎 147km C
201
E
130

カットボール5
フォーク2
あり~♪6 140km C
196
C
183

カーブ2
スライダー2
ナックル4

めんたま 148km B
214
C
204

フォーク 7
シュート 7
4.45 3 2 1 45
中継野郎 143km C
201
E
137

Sスライダー 7
カットボール 7
ナックル 7

1.55 0 0 29 21



全体評価

☆野手

 野手はこのところかなりのスピードで若返りが進んでおり、その展開が注目される。
 今シーズンは移籍してきた天地英俊選手、ルーキーのKERORO(DX)選手が入団し、新たな顔ぶれが加わった。課題だった特殊能力の少なさも徐々に克服され、各選手が持ち前を発揮できるようになっていている。
 打撃陣は、ベテランの♪萩選手や主砲の鈴木フグオ選手をはじめ、盗塁数、本塁打数が大幅に増加している。守備のほうも、並みのレベルではあるが、できればもう数人、センターラインを守れるくらいの守備力の選手がほしいところだ。
 泥沼状態にあった野手に、希望の光が差し込んできた。 

編集 シロ

☆投手

 投手は、能力の高い選手が多く、特に不安要素はないだろう。
 先発は、DarkSnow選手・覇選手の二枚エースを中心として、披露困憊。選手やyasu選手など、能力の高い選手が顔を並べているのでひとまず安心だ。
 リリーフは、中継ぎエース的存在に成長しためんたま選手を中心に、あやなん選手、今期入団したあり~♪6選手が入り、最後はベテランの中継野郎選手が試合を締めるリレーが確立している。
 しかし、全盛期ほどの勢いはなく、覇選手や中継野郎選手が引退したあとの後継者育成も課題となってくるだろう。
 成長途中の野手とは裏腹に、投手陣は足踏み状態か。

編集 シロ

☆チーム

 投手野手ともに、若手の活躍には期待が大きい。特に野手は、下位打線を若手が占めており、打線が繋がらない状況だ。
 しかしその反面、若返りは着々と進んでおり、後は成績が自然についてくるのを待つばかりとなった。成績が安定するまでは時間がかかるかもしれないが、数シーズン後には新しい顔ぶれで、再び黄金期を迎えてくれることだろう。
 ソフトバンク新時代の幕開けは近い。

編集 シロ

最終更新日: 2006年12月16日 21時22分30秒