乱れ撃ち読書録@chipmunk1984 T型フォード殺人事件
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

T型フォード殺人事件


書名: T型フォード殺人事件
著者: 広瀬 正




<イメージをクリックするとamazonに進みます>

紹介

荒れ狂う台風の夜、隠居した元社長の豪邸に七人の男女が集まり、一九二四年製T型フォードが披露される。そして、四十六年前、この車内で発生した密室殺人事件の真相を探るゲームが始まった。そこで再び殺人事件が……。本格探偵小説の表題作のほかに、中編二本を収録。 解説・石川喬司

評価

評点:★★★★☆ ( 7/10点)
表題作は広瀬正の探偵小説.直木賞候補にもなった長編3作に比べると,完成度が落ちるのはやむを得ないが,それでも広瀬センスは十分楽しめるし,(個人的にはあまり好きな手法ではないが)『えっ』と思わせるトリックも用意されている.ここまで来たのであれば是非,最後まで広瀬ワールドを楽しんで欲しい.

おまけ

手元の本は1982出版の集英社文庫ですが,広瀬正の全集は今や古書でも手に入りにくく,法外な値段で取引されています.是非,復刊投票にご協力ください.