|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫「殉情詩集自序」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

殉情詩集自序
 われ幼少≪えうせう≫より詩歌≪しいか≫を愛誦≪あいしよう≫し、自≪みづか≫ら始≪はじ≫めてこれが作≪さく≫を試≪こレろ≫みしは十六歳の時なりしと覚≪おぼ≫ゆ。いま早くも十五年の昔とはなれり。爾来≪じらい≫、公≪おほやけ≫にするを得≪え≫たるわが試作≪しさく≫おほよそ百章≪しやう≫はありぬべし。その一|半≪ぱん≫は抒情詩≪じよじやうし≫にして、一半は当時のわが一|面≪めん≫を表はして社会問題に対する傾向詩≪けいかうし≫なりき。今≪いま≫ことごとく散佚≪さんいつ≫す。自らの記憶≪きおく≫にあるものすら数へて僅≪わづか≫に十|指≪し≫に足≪た≫らず。然≪しか≫も些≪いささか≫の恨≪うらみ≫なし。寧≪むし≫ろこれを喜ぶ。後≪のち≫、 志≪こころざし≫を詩歌に断≪た≫てりとには非≪あら≫ざりしも、われは無才≪むざえ≫にして且≪か≫つは精進≪しやうじん≫の念にさへ乏≪とぼ≫しく、自ら省≪かへり≫みて深くこれを愧≪は≫づるのあまり遂≪つひ≫には人に示さずなりぬ。但≪ただ≫、殉情≪じゆんじやう≫の人は歌ふことにこそ纔≪わづか≫に慰≪なぐさ≫めはあれ、譬≪たと≫へば、かの病劇≪やまひはげ≫しき者の呻《うめ》くことによりて僅《わづか》にその病苦《びやうく》を洩≪もら≫すが如≪ごと≫し。されば哀傷≪あいしやう≫の到≪いた≫るものある毎≪こと≫にわれは恒≪つね≫に私《ひそか》に歌うて身をなぐさめぬ。又|譬《たと》へば猟矢《さつや》を負へる獣の森深く退《のが》れ来《きた》りて、世を悪《にく》み人を厭《いと》ひて然も己が命を愛するの念はいや募り、己《おのれ》が口もて己が創痍《そうい》を舐《な》め癒《いや》さんと努むるが如し。
 世には強記≪きやうき≫にして好事≪かうず≫の士≪し≫もあるものなり。面映《おもは》ゆくもわがかの試作を今更に語り出≪い≫でて、時にはこれを編みて冊子≪さつし≫とせよなど勧≪すす≫むる友さへあり。されど誰かは、未熟にして早く地に墜≪お≫ちたる果実を拾ひて客の為めに饗宴《きようえん》の卓上≪たさやう≫に盛らんや。乃≪すなは≫ち篤≪あつ≫くこれを謝≪しや≫するのみなりき。
この機にのぞみてわれは改≪あらた≫めてかかる人人に乞はん。わが旧≪ふる≫き詩歌は悉≪ことこと≫くこれを忘れたまへ。少しく言葉弄≪もてあそ≫ばんか、今日≪けふ≫のものとても同じく然≪しか≫したまへ。然らば今この集を敢≪あへ≫て世に問ふの故≪ゆゑ≫は如何≪いかん≫。曰《いは》く米塩に代へんとす。曰く春服≪しゆんぶく≫を求めんとす。否≪いな≫、われは口籠《くちこも》ることなくして言ふべし。聴き給≪たま≫へ、われ今日≪こんにち≫人生の途《みち》なかばにして愛恋≪あいれん≫の小暗≪をぐら≫き森かげに到≪いた≫り、わが思ひは転《うた》た落莫《らくばく》たり。わが胸は輌≪おほわ≫の下≪もと≫に砕≪くだ≫かれたる薔薇《さうび》の如く呻《うめ》く。心中≪ちゆう≫の事、眼中の涙、意中の人。児女≪じぢよ≫の情われに極まりては偶成≪ぐうせい≫の詩歌|乃≪すをは≫ちまた多少≪たせう≫あり。げに事に依《よ》りてわが身には切なくもあるかな、わがこの歌。然れども既に世に問はん心なければ、わが息吹なるわが調ぺはいつしかに世の好尚≪かうしやう≫と相去≪あひさら≫れるをいかにせん。われは古風なる笛をとり出でていま路のべに来《きた》り哀歌《かなしみうた》す。とり出でていま路のべに来り哀歌≪かなしみうた≫す。節≪ふし≫古びて心をさなくただに笑止≪せうし≫なるわが笛の音≪ね≫に慌≪あわたど≫しき行路の人いかで泣くべしやは。たとひわが目には水流るるとも、知らず、幾人≪いくひと≫かありて之に耳を仮≪か≫し、しばしそが歩みを停≪とど≫むるやいかに。
 嗟吁≪ああ≫、わが嗚咽≪をえつ≫は洩れて人の為めに聞かれぬ。われは情痴≪じゃうち≫の徒≪と≫と呼ばるるとも今はた是非≪ぜひ≫なし。

  大正十年四月十三日    佐藤春夫
メニュー

更新履歴
取得中です。