|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」四十五


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 従二位藤原|公世《きんよ》の兄の、良覚僧正と申された方は、とても怒りっぽい人であった。寺のそばに大きな榎の木があったので人々が榎の僧正と呼んだ。こんな名は怪しからぬというので、その木は伐ってしまった。その根があったので切杭《ぎりくい》の僧正と呼んだ。僧正はますます立腹して切杭を掘りかえして捨てたのでその跡が大きな堀になってあったから、堀池の僧正とつけた。
メニュー

更新履歴
取得中です。