|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」六十二

 延政門院様幼少のおん時、父君がおいでの院へ参る人に、言伝《ことつて》であると申し上げさせられたお歌は「ふたつ文字牛の角文字|直《すぐ》な文字曲《ゆが》み文字とそ君は覚ゆる」こいしく思い参らせ給うというのである。

メニュー

更新履歴
取得中です。