|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」二百二十七


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 六時礼讃《ろくじらいさん》は法然上人の弟子の安楽という僧が、経文を集めてつくり、日没、初夜、中夜、後夜、晨朝、午時の六時にこれを誦して勤行したのである。その後、太秦《うずまさ》の善観房という僧がそれに節を決めて梵唄としたものであった。一念義流の念仏の最初である。これを唱えることは、後嵯峨天皇の御代から始まった。法事讃も同じく善観房がはじめたものである。
メニュー

更新履歴
取得中です。