|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」二十一


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 すぺてのことは月を見るにつけて慰められるものである。ある人が月ほどおもしろいものはあるまいと言ったところが、別の一人が露こそ風情《ふぜい》が多いと抗議を出したのは愉快である。折にかないさえすればなんだって趣のないものはあるまい。

 月花は無論のこと、風というものがあれで、人の心持をひくものである。岩にくだけて清く流れる水のありさまこそ、季節にかかわらずよいものである。「洗湘《げんしよう》日夜東に流れ去る。愁人のためにとどまることしばらくもせず」という詩を見たことがあったが、なかなか心にひびいた。また岱康《けいこう》も「山沢《さんたく》にあそびて魚鳥を見れば心|慰《たの》しむ」と言っている。人を遠ざかって水草の美しいあたりを遣遙するほど、心の慰められるものはあるまい。
メニュー

更新履歴
取得中です。