|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」三十一


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 雪の面白く降った朝、ある人のところへ用があって手紙をやるに、雪のことには一言もふれなかったところが、その返事に、「この雪を何と見るかと一筆申されぬほどのひねくれた野暮な人のいうことなんか聞いて上げられましょうか、どこまでも情けないお心ですね」とあったのは、興があった。今はもう亡き人のことだから、こればかりのことも忘れ難い。
メニュー

更新履歴
取得中です。