|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」四十一


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 五月五日、加茂の競馬を見物に行ったが、車の前に、雑人《ぞうにん》どもが多数立ちはだかって見えなかったから、一行はそれぞれ車を下りて埓《らち》のそばへすり寄ったけれど、特別に人が混雑していて割りこまれそうにもなかった。

 こんな折から樗《おうち》の木に坊主が登って、木の股のところで見物していた。木に取っつかまっていて、よく眠っていて落ちそうになると目をさますことが度々であった。これを見ている人が嘲笑して「実に馬鹿な奴だなあ、あんな危い枝の上で、平気で居眠りしているのだから」と言っていたので、その時心に思いついたままを「われらが死の到来が今の今であるかも知れない。それを忘れて、物を見て暮している。この馬鹿さかげんは、あの坊主以上でしょうに」と言ったので、前にいた人々も「ほんとうに、そうですね、最も馬鹿でしたね」と言って、みな後をふり返って見て
「こちらへお入りなさい」と場所を立ち退《の》いて呼び入れた。
 このくらいの道理を、誰だって気がつかないはずはなかろうに、こういう場合思いがけない気がして思い当ったのでもあろうか、人は木石ではないから時と場合によっては、ものに感ずることもあるのだ。
メニュー

更新履歴
取得中です。