|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」四十三


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 晩春のころ、のどかに美しい空に品位のある住宅の奥深く、植込みの木々も年を経た庭に散り萎れている花の素通りしてしまうのが惜しいようなのを、入って行ってのぞいて見ると、南向きのほうの格子は皆閉め切ってさびしそうであるが、東の方に向っては妻戸をいいかげんに開けているのを、御簾《みす》の破れ目から見ると、風采のさっぱりした男が、年のころ二十ばかりで、改まったではないが、奥ゆかしく、のんびりした様子で机の上に本をひろげて見ているのであった。いったいどんな素姓《すじよう》の人やら知りたいような気がした。
メニュー

更新履歴
取得中です。