|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」五十四


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 御室《おむろ》(仁和寺)に非常に美しい児《ちこ》があったのを、どうかしておびき出して遊ぼうとたくらんだ法師どもがいて、芸のある遊び好きの法師どもと相談して、気のぎいた弁当のようなものを、念入りに用意して箱のようなものに入れておいて雙岡《ならびがおか》の具合のよさそうなところへ埋め、その上に紅葉を散らしかけたり、思いがけないようにしておいて、仁和寺の御所へ行ってその児を誘い出して来た。うれしがってあちらこちらを遊び廻って来たあげく、そこらの苔の莚《むしろ》に並んで「ひどくくたびれた。誰か紅葉を焼いて一杯あたためないか。効験のある僧たち一つ祈ってみてはどうだ」などと言い合って、埋めてある木の根もとに向って数珠《じゆず》をおし揉んで、もったいらしく印を結んだりして、気取られないように振舞いながら、木の葉を掻きのけて見たがいっこう何も見えない。場所を間違えたろうかと、掘らぬ場所などないほど山中をあさったが無かった。埋めているのを人が見ていて、御所のほうへ行っているひまに盗んだのであった。法師たちは口をあんぐりと、聞きぐるしい口争いなどをはじめ、腹を立てて帰ってしまった。しいて興を求めようとすると、きっとあっけないものになる。
メニュー

更新履歴
取得中です。