|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」五十九


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 真理探求の大事の志の発起した入は、棄て去り難い気がかりのことも成就しないで、そのままに捨ててしまうべきである。ちょっとこの事をすませておいて、ついでにあのことも型をつけて、あのほうのことも人に笑われないように、将来の非難が起らぬように準備しておこう、今までだってこうしていたのだから、今さらこれくらいのことを待つのは、今直ぐである。あまり人困らせをしないようになどと思っていたのでは、よんどころないことがあとからあとから出て来て、そんなことが尽きてしまう日もなく、思い切って実行する日があるものではない。大方の人をみると、相当な分別のある人なら、みんなこういう予定だけはして一生を通してしまうものなのである。近火などでにげる人は「もうちょっと」などと言っているものであろうか。一命を助けたいと思えば、恥もなく財産も捨ててにげ出すのである。寿命が人を待っていてくれようか。無常が来るのは水火が攻めるよりも速かに逃れる方法とてもないのに、その時になって、老親幼児、主君の義、愛人の情などがふり捨て難いからとて捨てないですませられることだろうか。
メニュー

更新履歴
取得中です。