|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」六十九


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 書写《しよしや》山の性空上人《しようくうしようにん》は、法華経を読誦《どくじゆ》した功徳《くどく》によって肉体的な汚れから脱却した人であった。旅で、宿屋に行ったところ、豆のからを焚いて、豆を煮ていると、音のつぶつぶと鳴るのを聴いてみると「疎遠でもない貴様たちが、恨めしくも自分らを煮て、苦痛を与えるものだな」と言っていた。焚かれている豆がらのぱちぱちと鳴る音は「自分の本心から出たことであろうものか。焚かれるのもどれほど堪え難いか知れたものではないが、仕方のないことである。どうぞ我らを恨んではくれまいそ」と言っているのが聞かれた。
メニュー

更新履歴
取得中です。