|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」七十一


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 名を聞くとすぐその人の風貌が想像できるような気がするものであるが、会ってみると、それがまた、思っていた通りの入というのも無いものである。昔物語を聞いても、現代の人の家が、あの辺であろうと感じ、人物も、今日の誰のようなと思いくらべて見られるのは、何入もそんな気のするものか知ら。また、どんな時であったか、現在今話していることも、目に見ていることも、自分の心の中も、この通りのことがいつであったか知ら、あったような気がしていつとは思い出さないが、必ずあったような心持のするのは、自分だけが、こんなことを感ずるのか知ら。
メニュー

更新履歴
取得中です。