|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」七十二


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 卑しく見ぐるしいもの。身のまわりに日用品の多いこと、硯に筆が多く入っていること、持仏堂に仏が多いの、前栽《せんざい》に石や植木類が多いの、家の中に子孫が多いの、人に面会して言葉数が多いの、願文に善事をほどこしたことを多く書き立てたの。多くても見苦しくないのは、文庫に積みこんである書物、掃きあつめの埃。
メニュー

更新履歴
取得中です。