|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」八十二


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

羅《うすもの》の表紙は早く損じて困るとある人が言ったら、頓阿が、羅の表紙なら上下がほぐれ、螺鈿《らでん》の軸は貝が落ちてしまって後が結構なのであると言ったのは、頓阿に敬意を感ぜしめる。数冊を一部としたとじ本の類の揃っていないのを不体裁なというが、弘融僧都が、なんでもきっと完全に揃えようとするのは未熟な人間のすることである。不揃いなのがよいのだと言ったのも、さすがはと思った。いったい、何につけても、事の完備したのはよくないものである。でき上らないのをそのままにしてあるのも面白く、気持がのんびりするものである。内裏を造営せられるにも、きっと完成せぬところを残しておくものであるとある人が話していた。古の聖賢の作った儒仏経典にしても章や段の欠けていることが多い。
メニュー

更新履歴
取得中です。