|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百二十四

 是法《ぜほう》法師は浄土宗で何人《なんぴと》にも恥じない人であるが、学者ぶらないで、ただ朝夕念仏をして気楽に世を渡っている有様は、じつにわが理想的な境涯である。

メニュー

更新履歴
取得中です。