|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百二十五


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 人に死なれて四十九日の仏事にある高僧に来ていただいたところ、説法が結構で人々みな涙を流した。導師が帰ってからのち、聴聞の人々が「いつもよりは今日は特別に有難く感じられました」と感心し合っていると、ある人が「なにしろあれほど唐の狗《いぬ》に似ていられるのですものね」と言ったのには、感動もさめて吹き出したくなった。そんな導師のほめ方なんてあるものか。また、「人に酒をすすめるつもりで、自分がまず飲んでから人にしいようというのは剣で人を斬ろうとしているようなものである。両方に刃がついているから、ふり上げたとき、まず自分の頭を斬るから相手を斬ることはできない。自分がまず酔い倒れたら、人にはとても飲ませられはすまい」とも言った。剣で人を斬ってみたことがあるのだろうか、じつに滑稽であった。
メニュー

更新履歴
取得中です。