|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百四十四


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 栂尾《とがのお》の明恵《みようえ》上人が道を通うておられると、川で馬を洗っていた男が「あし、あし」と言っていたので、上人は立ち止って「ああ、有難い。前世の功徳《くどく》を現世で現わされた方だ。阿字阿字と称えていらっしゃる。どなた様の御馬でございましょうか。異常にもったいなく存ぜられます」とおたずねになると、その男は「府生殿《ふしようどの》のお馬でございます」と答えたので「これはこれは、有難いことです。阿字本不生《あじほんぶしよう》ですからなあ。この結縁《けちえん》はまことに有難い一日でございました」と上人は感涙を拭われたということです。
メニュー

更新履歴
取得中です。