|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百五十一

 ある人の説に、年五十になるまでに熟達しなかった道は廃棄すべきである。その理由は、励み習うべき将来もなく、老人のすることは他人も笑うことができない。衆にまじっているのは愛想のつきる不体裁である。総体に年を取った人は万事を放擲して閑散に処するのが似つかわしくて好もしい。世俗のことに関与して生涯を齷齪《あくせく》と暮すのは愚である。ゆかしくて覚えたいと思う芸があったら、学び聞くとしても日とおり趣がわかったらあまり深入りしないでやめたほうがよい。無論、最初からそんなことを思いつかずにすんだら最上である。

メニュー

更新履歴
取得中です。