|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百五十七


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 筆をとればその気になって物が書かれ、楽器をとれば音を出したいと思い、盃をとれば酒を欲しいと思い、賽《さい》を手にすると賭博を欲する。心というものはかならずそのことに触れてもよおして来る。いやしくも善からぬ戯れをしてはならない。ふとした気持で聖教の一句が目につくと、なんとなく前後の文も気にとめてみる。突如として多年の非行を改めることもある。もし教典を目にしなかったとしたら、このことを悟ることができなかうたろう。これはつまり事に触れてたまたま起つた利益である。その心が別に起らないでも、仏前にいて数珠や教典などを手にしていると怠慢しながらもおのずと善行が修せられ、散乱心のままでも、座禅の席につくとわれ知らずに禅の静思ができるであろう。外界と内面の作用とにおいて、事理はもと一体のものである。形式を尊重しているうちに内容も充実して来る。うわべだけの人を見ても無闇と不信心呼ばわりをしないがいい、むしろ讃め尊重すべきである。
メニュー

更新履歴
取得中です。