|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百六十二


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 遍照寺の承《しよう》の役に服していた僧が、広沢の池に来る鳥を毎日餌をやって飼い馴らして、戸を一つ開けると無数に飛びこんで堂内に一ぽいになったところへ、僧自身も入って行って閉め切って捕えては殺した様子が、物音すさまじく聞えたので近所にいた草刈の童が聞きつけて人に知らせたので、村人どもが集まって来て堂の申に入ってみると、大雁などがばたばた驚き騒いでいる中に僧がまじっていてねじ伏せ、ひねりつぶしていたから、この僧を捕えてその場から検非違使《けびいし》庁へつき出したが、検非違使庁ではこの法師が殺した鳥どもを頭のまわりにかけさせて獄舎に入れた。これは基俊大納言が別当をしておられた時のことである。
メニュー

更新履歴
取得中です。