|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百六十四


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 世上の人間は会いさえすればすこしの間も黙っていることはない。きっと何か喋べる。その言葉を聞いてみると、たいていは無駄な談話である。世間の噂ぱなし、人の品評、自分にとっても他人にとっても損多く益が少い。しかもこれを語っている時、当人たちたがいに無益なことも気づいていない。
メニュー

更新履歴
取得中です。