|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百六十八


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 老年の人で一道に傑出した才能のある人物がいて、二代の師表、この人の死後は誰に道の奥儀《おうぎ》を問おうか」などと言われるなどは、老人連の味方であって頼もしい生き甲斐である。しかしその芸道も、老輩になったというすたれた気分を伴って謙虚なものがないと、一生を芸道だけで暮してしまったかと浅薄に情けなく見えるものである。「今はもう忘れてしまった」などと言っているのがいい。一通りは知っていても漫然と吹聴するのは大した才能ではないらしいと感じられる。自然と間違ったところもありましょう。明確にはわきまえてもおりませんなどと言う入こそ、なるほど,まことに、 一芸一道の主とも感ぜられるものである。まして、よくも知らぬことを知ったかぶりに、資格もない人間がとやかくいうのを、間違いらしいがなと思いながら聞いているのは甚だこまるものである。
メニュー

更新履歴
取得中です。