|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百七十七


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 鎌倉の中書王《ちゆうしよおう》(鎌倉将軍中務卿宗尊親王)の御邸で蹴鞠のもよおしがあったのに、雨降り上りで庭まで乾かなかったので、どうしたものであろうかと相談があった時、佐佐木入道真願が鋸屑を車に積んでたくさん奉ったので、庭中に敷きつめて、泥の気遣《きつかい》もなかった。これなどたくさん蓄えておいた用意のほどが珍らしい心がけであると人々が感心し合った。このことをある人が話したところ、藤原藤房卿が聞かれて、「さては乾いた砂の準備がなかったのだね」とおっしゃったのは、恥かしい思いがした。結構なと思った鋸屑とは下品で変なものであった。庭を司る者は乾いた砂を用意しておくのが慣例的な作法だそうである。
メニュー

更新履歴
取得中です。