|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百九十三


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 暗愚な人が他人を推量して、その人の智恵を知ったつもりでいるのはいっこう当にならないものである。碁を打つことだけが巧者な人がえらい人でも碁の拙いのを見て自分の智恵にはおよばないと判断するようなもので.すべていずれの業でもその道の職入などが、自分の職業の事を心得ないのを見て、自分のほうがえらいものと考えたら大きな間違いであろう。経文に明るい学僧と坐禅をして真理を悟ろうとする実行僧とがたがいに相手を量って自分のほうがえらいと思うなどもともに当らないことである。自分の専門外のことを争ったり、批評したりするものではない。
メニュー

更新履歴
取得中です。