|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百九十七


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 定額《じようがく》というのは何も諸寺の僧とばかりはかぎったものではない。定額の女嬬《によじゆ》という言葉が現に延喜式に見える。本来はすべて数の定まった公儀の人には一般に通じた呼び方なのである。
メニュー

更新履歴
取得中です。