|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」二百五

比叡山にある大師|勧請《かんじよう》の起請文《きしようもん》というのは慈恵《じえ》僧上が書きはじめられたものである。起請文ということは法律家のほうでは無かったものである。古の聖代には、本来起請文などによって民を信用させた上で行う政治などは無かったはずのものを、近ごろになってこのことが流行になったのである。またついでながら、法令には水火には穢《けがれ》を認めていない。水火の入れ物には穢もあろう。水火それ自体に穢があるはずもない。

メニュー

更新履歴
取得中です。