|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」二百七


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 亀山殿を建設せられるために地ならしをなされたところが、大きな蛇が無数に寄り集まっている塚があった。この土地の神だと言って顛末を奏上したところが、どうしたものであろうかとの勅問があったので、衆議は昔からこの土地を占領していたものだから無闇に掘り捨てることはなるまいと言ったけれど、この太政大臣(前項の実基公)だけは王者が統治の地にいる虫どもが皇居をお建て遊ばすのになんの崇りをするものか。鬼神も道理のないことはしないから崇りはないはずである。みな掘り捨ててしまいさえすればよろしいと申されたので、塚を破壊して蛇は大井川へ流してしまった。果していっこうに祟りもなかった。
メニュー

更新履歴
取得中です。